ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

スカーレット隊

れんぽうぐんでんせつのでおちぶたい

スカーレット隊とは、OVA『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』に登場した、地球連邦軍屈指の出落ち部隊である。
目次 [非表示]

概要

機動戦士ガンダム0080』第4話で、ペガサス級強襲揚陸艦「グレイファントム」を母艦としたスカーレット隊は、ガンダムNT-1受領のためにサイド6リボーコロニーに駐留していた。

しかし、ガンダムNT-1の奪取もしくは破壊という任務を受けたジオン軍特殊部隊「サイクロプス隊」のMSケンプファーが強襲、これを迎撃するためグレイファントムはスカーレット隊を出撃させた。

スカーレット隊のMSはジム・スナイパーⅡ量産型ガンキャノンといった当時の最新鋭かつハイスペックな機体揃いであった。

…のだが。


出撃から降下する間にケンプファーに片っ端から撃墜されてしまい、降下に成功したジム・コマンドも背後から狙撃され撃墜、たったの数分間でスカーレット隊は全滅してしまったのだ。(再生時間上は出撃から全滅の報告まで1分と経っていない)

しかも撃墜された機体がコロニーの市街地に落下し、さらに被害を拡大させていた。


いくら相手が高性能MSのケンプファーでパイロットが熟練者のミハイル・カミンスキー(ミーシャ)であるとはいえ、最新鋭MS揃いでありながらたった1機のMSに瞬殺されるというあんまりな醜態を晒してしまったのである。

この有様から「伝説の出落ち部隊」「スカーレット隊(笑)」などと言われるようになった。


しかし実際は…

かといって、スカーレット隊は無能揃いなのか?と言われると、そうとも言い切れない。


まず、母艦はサラミスマゼランといった旧式艦ではなく最新鋭のペガサス級のグレイファントムで、サイド6にはニュータイプ専用MSであるガンダムNT-1を受領しに来ている。

しかも、一年戦争中では傑作機と言われる量産型ガンキャノンや連邦軍最高の量産型MSジムスナイパーⅡを複数所有している事から軍内部の評価も決して低くはなく、むしろそんな最新鋭機を与えられるほど期待されたエース部隊であると言える。

にもかかわらずあっさり全滅してしまったのは何故だろうか。


それは彼らが出撃した戦場が「中立コロニー」であったことが最大の原因であろう。


サイド6は中立を宣言しているコロニーで、当然コロニー内や領宙内での戦闘は南極条約で禁じられている(※1)。

しかし一年戦争末期、敗色が濃くなったジオン公国側は何としてでもガンダムNT-1を奪取もしくは破壊することに必死で最早南極条約を遵守していられるような状況ではなかったため、ケンプファーで戦闘行為を行ったと思われる。

だが地球連邦軍側は勝利は時間の問題であり、南極条約を遵守する必要があった。

それに中立コロニーであるサイド6で戦闘行為を行えばサイド6の行政や住民から反感を買ってしまい、外交上不利になってしまうことは容易に想像できよう。

そのためスカーレット隊は最新鋭機揃いでありながらむやみに発砲することが出来ず、条約なんぞ知ったこっちゃないケンプファーに蹂躙されてしまったと言える。

実際、『0080』第4話劇中でスカーレット隊が発砲する描写は無い(しかし撃墜された衝撃で弾が暴発した事はあった)。


この事を考えるとスカーレット隊は決して無能部隊では無いと言えるが公式的な見解では無い一方で、

後述するSDガンダムバトルアライアンスではコロニーへの被害を抑える事を指示されるスカーレット隊が描写されており上記の事情を思わせるフォローが入った。


またスカーレット隊との戦闘の結果ケンプファーは貴重な弾薬を消費してしまい、このことが響いてケンプファーはクリスチーナ・マッケンジーが搭乗したガンダムNT-1に接近戦を挑む羽目になり、ガトリング砲で撃破されてしまった。

このことを考えれば、スカーレット隊の全滅は決して無駄ではなかったと言えるだろう。


※1 ただし連邦側も新型MSの開発をサイド内で行ってたことからも、条約違反をしてたことには違いなく、サイド6側がそれをまったく感づいていないとは到底考えづらく、サイド6も実質的に違反に加担していたとも言える。これはそれほど時間の違わない、ホワイトベース隊の入港時に、ホワイトベース側からの修理や補給の申し入れは、条約違反であるから出来ない、とサイド6側が言ってることを見ても明らかである。とはいえ、だからと言ってジオンが条約違反を理由にコロニー内で即座に戦闘行為をして良い理由にはならない(少なくとも中立条約破棄の通告無しでの攻撃などあり得ない)。


その一方、ジム・スナイパーⅡは後にアニメ本編の扱いの悪さを払拭するかのように、ゲーム作品で大活躍の場が与えられたことで再評価され、結果的にMGで一般発売されるまでに汚名返上している。

余談

MGジム・スナイパーⅡの組み立て説明書においてはスカーレット隊とは別にディープブルー隊が存在している事が追加され、グレイファントム上からケンプファーの狙撃を試みるも断念したジム・スナイパーⅡが存在すると設定された。

また、スカーレット隊が量産型ガンキャノン1機+ジム・コマンド3機の4機編成、ディープブルー隊が量産型ガンキャノン1機+ジム・スナイパーⅡ2機の3機編成とされている。


ゲームにおいてはSDガンダムバトルアライアンスにもスカーレット隊が登場。

歴史データの歪むブレイク現象によりリボー・コロニー内にら別の時代から紛れ込んだプルーマが暴れる事態となった為に出撃し対処にあたっている姿が見られる。

またデータ修正が行われたルビコン作戦当日においてはブレイク現象の余波…という名のゲーム都合によりケンプファー以外のジオン機が市街地に現れた為こちらも原作通りに出撃している。

またこの時プレイヤーもスカーレット隊の一員として歴史データに介入しておりNPCのスカーレット隊が全滅してもプレイヤー機は生存している為「スカーレット隊、全滅!…あ、いえ、一部隊のみ残存!」という通信が入る。


関連動画


関連タグ

機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争 地球連邦軍

ジム・スナイパーⅡ 量産型ガンキャノン ジム・コマンド

ケンプファー


ビルケナウ:似たような扱いを受けたモビルアーマー。しかもこちらはスカーレット隊と違い、敵に大量過ぎる塩を送っただけで本当に何も残せていない。

関連記事

親記事

グレイファントム ぐれいふぁんとむ

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 37239

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました