ピクシブ百科事典

スケルトンボーイ(悪魔城ドラキュラ)

すけるとんぼーい

スケルトンボーイとは、少年または給仕の骸骨を意味する。 ここではコナミのゲーム作品『悪魔城ドラキュラ』シリーズに登場する敵キャラクターについて記載する。
目次[非表示]

概要

悪魔城ドラキュラ 暁月の円舞曲で初登場した敵キャラクター。
悪魔城で働くスケルトン給仕人であり、何時も美味しいカレーを運んでいる
悪魔城ドラキュラシリーズでは最早お馴染みのザコ敵スケルトン系の派生種であり、
見た目は(上半身だけ)給仕服に身を包み、片手には(何故か)カレーを携えているスケルトン
悪魔城ドラキュラシリーズでは作品を重ねる毎に色々とユニークなザコ敵が数多く登場しており、
スケルトンボーイもその内の1体である。正に開発スタッフに愛されている証拠と言えるだろう。

暁月の円舞曲

「美味しいカレーを運ぶスケルトンのボーイ」
悪魔城の中央エリア『舞踏館』にのみ出現する。給仕するには正にピッタリな場所だろう。
大体初見で出会うのは『幻夢宮』エリアに続く上層フロアを探索している頃のはずである。
給仕のはずなのに出現する場所と数がやけに限られているが、果たして大丈夫なのだろか・・・

性質は普通のスケルトンとほぼ同じ。ただし骨を山形に投げてくる普通のスケルトンに対して、
コチラはほぼ直線上にカレーを全力で投げ付けてくる。・・・なんとも罰当たりな攻撃方法だが、
この攻撃は旧作における『スケルトン・リブ』の性質に近く、地味に避け辛い点は厄介だろう。
しかし侵入者を撃退するためとは言え、運搬物を投げるという行為はボーイとして失格では・・・?
食べ物を粗末に扱うなんて給仕の教育がなっていないぞ伯爵よ!!(もしくはデス様かもしれない)

弱点は聖(光)属性。耐性は闇属性。弱点と耐性は他のスケルトン達と全く同じだが、
なんと中盤のザコ敵らしくHPは120(!?)もある。ちなみに普通の『スケルトン』のHPは20
剣と鎧を装備した『スケルトンナイト』のHPでさえ48なので、倒し難さは専らボーイの方が上。
給仕に抜擢されるだけでここまで能力に差があるとは・・・案外エリートな扱いなのかもしれない

ドロップアイテムはHP回復アイテム『カレー』のみ。勿論、固有のドロップ品である。
「この味はやみつきになる」との謳い文句に違わず、そのHP回復量はなんと脅威の+800
これ以上の性能を持つHP回復アイテムは他に存在せず、ドロップアイテム限定で比較しても、

と、高級メロン豚骨ラーメンを押さえ堂々の1位である。更に入手可能な時期が最も早い。
出現数が少なく倒し辛い上、なかなかドロップしないため狙って何個も入手するのは難しいが、
何度も入手可能な最強の回復アイテムがスケルトンからとは、また随分と出世したものである。
(店売り品である『ハイポーション』+400でも十分だと言ってしまえばそれまでだが・・・)

・・・ちなみに『フレッシュゴーレム』の能力は「変な物も美味しく食べられる」である。
これを装備してコイツか『エビルブッチャー』のドロップアイテム『3年ミルク』を使用すると・・・

蒼真「美味しいっ!」 

カレーと同等の回復量(+800)を持つようになる(普通に使用するとHP-800のダメージが入る)。
賞味期限が3年過ぎている牛乳やらゾンビの腐った肉で回復する蒼真君も大概だとは思うが、
果たして一緒にされたカレーの気持ちは如何に・・・(味は絶対にカレーの方が勝っているはずだが)

蒼月の十字架

「悪魔城で働くスケルトン いつもカレーを運んでいる」
続編である本作にも無事続投。何気に名前の表記が「スケルトン・ボーイ」に変更された他、
前作ではスケルトンとほぼ同じ見た目だったのが、本作では固有のグラフィックに描き直された。
ウェイターよろしく常に直立不動で待機しており、その仕草もより給仕人らしくなったと言える。
しかし攻撃方法は全く変わっていないため、やはりパイ投げの如くカレーを投げ付けてくる

おそらく最初に出会えるのは中盤に訪れるエリア『妖魔迎賓館』の縦長フロアの右側にある一室。
殺風景な部屋の奥にポツンと1体だけ配置されている。何気に出現時期が前作よりも遅め。
自発的に攻撃してきた前作とは異なり、コチラが近づくまでは一切その場から動く事はない。
しかし接近しすぎると途端に驚愕、手に持ったカレーを前方に投げつけてそのまま逃走を開始。
そして逃走してから一定時間経つか、壁に接触するとバラバラに消滅してしまう仕様になった。

弱点は打属性炎属性聖(光)属性。耐性は突属性闇属性。やはり他のスケルトンと同じ。
「自分は非戦闘員です!」と言わんばかりに随分とヘタレな性質になってしまった様だが、
カレーを投げる理由が侵入者撃退よりも、自衛目的になった分まだマシなのかもしれない・・・
ただし逃走して自滅した場合は、アイテムもソウルも一切ドロップしないので注意したい
HPは60と地味に高いので、初見の頃では攻撃力が足りずになかなか倒せないかもしれない。
先に進めば地下エリア『沈黙の遺跡』『地下冥府』に続く出口付近に2体同時に出現するため、
この頃にはレベルも装備も十分整っているはずなので、効率よく狩るならコチラがオススメ。
ただし段差がある狭いフロアのため、直ぐに見つかってしまう。接近次第、速攻で撃破しよう。

ドロップアイテムはやっぱりHP回復アイテム『カレー』。説明文の謳い文句も前作と同じ。
固有のドロップアイテムかつ最も早く入手可能な高い回復量を持つアイテムの価値は健在だが、
HP回復量は前作から若干控え目になった+500。本作もドロップアイテム限定で比較すると、

  • 『ファイナルガード』『エクスポーション』+9999(最大値)
  • エリニュス『メロン』+300
  • 『ハートイーター』『ラーメン』+300
  • ゴルゴンうまいにく+290
と、全回復薬である『エクスポーション』は流石に反則級すぎるためこの際除外するとしても、
他のエネミー達も倒しやすく、アイテムを比較的落とし易いため全体的に価値が下がっている。
また1周につき1つしか入手できないが、隠し部屋にある世界三大珍味の回復量が+1000のため、
最大回復量でも最強とは言えなくなってしまった。一応、気にせず使い易くなったとも言えるが。
(やっぱり店売りされている『ハイポーション』+200でも十分な気がするのは言わないお約束)

・・・ちなみに『グール』の能力は「まずい食べ物を美味しく食べられる」である。
これを装備して『デッドパイレーツ』のドロップアイテム『さびたかんづめ』を使用すると・・・

蒼真「う…うまっ…!」 

カレーを超える回復量(+600)を持つようになる(普通に使用するとHP-600のダメージが入る)。
開けるのが怖い缶詰に遅れを取るとは・・・コチラもカレーを一晩寝かせて勝負するしかないね(?)。
尚、本作の『3年ミルク』は回復量が-300に減少した。一応、牛乳には勝っている模様。

能力

地獄のウエイター


もう言わなくても大体分かりそうなものだが、その能力の効果は両作品共に同じ。

「美味しいカレーを出す」

これだけ。態々記述されているくらい絶品らしく、たかがカレーだと侮ってはいけない。
その正確な効果は「敵を引き付けられるダメージ判定付きのカレーを投げる」事である。
つまり敵の注視を引き付ける設置型トラップ兼デコイとして大いに活用できる優れ物なのだ。

暁月の円舞曲

消費MPは-30。地面に1個しか設置できず、カレーが消滅するまで次のカレーは撃てないが、
美味しい匂いに誘われた敵がカレーに接触すると、炎属性のダメージを与える事ができる。
出現時間は短めで威力こそ低いが、設置するだけで敵の注視を一気に引き付けられる上に、
接触中は継続してダメージが発生するため、空中の敵を除けばかなり有効な攻撃手段となる。
ただしカレーを設置中に他のソウルに変更するとカレーが消えてしまうため注意しよう

尚、「敵の目を人形に向ける」という『キラードール』の能力もある。
コチラは消費MPは-20で出現時間は長めだが、攻撃能力は無しと言う点が異なる。
またドチラも空中には設置できないという欠点があるので、場所を選んで使おう。
(ちなみに人形は基本的には蒼真君の姿だが、たまにヒロインの弥那ちゃん人形が出る事も)

蒼月の十字架

レベルアップの概念が追加された続編では更にパワーアップ。その効果は勿論の事、
消費MPが-10に減少した他、同じソウルを集めれば3段階までレベルアップできる。

  • レベル1
前作とほぼ同じ見た目をした普通のカレーを投げる。
威力や攻撃範囲はそのままだが、敵を引き寄せる効果は前作よりも若干抑え目に。
  • レベル2
レベル1よりも少々ボリューミーになった大盛りのカツカレーを投げる。
威力と攻撃範囲が若干強化されたが、それでも引き付け効果はまだまだ控え目。
  • レベル3(最大値)
日本式のカレーから飛躍した結果、高級ナン付き本格式インドカレーを投げる。
威力と攻撃範囲は申し分ないレベルになり、引き付け効果も前作並みに上昇。

相変わらず空中には設置できないが、簡単に敵の注視を引き付ける効果はやはり強力無比。
更に本作では『キラードール』の能力が変更されているため唯一無二の性能を持つ事に。
更に『スケルトン・エイプ』のソウルと組み合わせる事でより効果的に使う事ができる。
その能力は「思いっきり投げる」。・・・つまり「飛び道具の飛距離が伸びる」と言うもの。
カレーの射程が大体2倍近く伸びるため、より遠くまで敵の注意を引き付け易くなるのだ。

尚、本作にはこの能力を使用しないと出現しないレアなザコ敵イエティがいる。
全てのソウルをコンプリートするためにも必要不可欠なので、必ず入手しておきたい。
ただしカレーに接触する前に倒さないとダメージを受けた瞬間に画面奥に逃げてしまうので、
流れとしてはカレーをなるべく遠くに設置してイエティを手前側におびき寄せた後、
とにかく通常攻撃の威力を上げて速攻で撃破する事。レベルと装備をしっかり整えよう。

また他のソウル能力は使用できないため(ソウルを変更するとカレーも消えてしまうため)、
弱点である炎属性の武器を用意しておくと良い(ちなみにイエティのHPは200もある)。
炎属性レーヴァテインの他には、石化属性を持つ『ミリカンの石刀』もオススメだ。
幸いにもイエティにはドロップアイテムが無く、ソウルも倒す事ができれば簡単に入手できる。

考察

名前のボーイとはホテルやレストランなどで主に料理を運ぶ男性の給仕の事である。
普段我々がよく耳にするウェイターや、他にはギャルソンとも意味が同じ。
魔王であるドラキュラ伯爵が1人で住むには広大過ぎるだろうと専らな噂の悪魔城だが、
やはりお世話をする使用人の存在は必要不可欠だろうし、その存在自体に不思議はないだろう。
しかし・・・よくよく考えてみると、色々と疑問が尽きないスケルトンだと言わざるを得ない。

そもそも誰に仕えているのだろうか?普通に考えれば城主であるドラキュラ伯爵のはずだが、
ボーイが初登場するのは2035年。既に1999年の決戦で魔王が完全に滅ぼされた後の時代である
つまりは城主不在の悪魔城で働いている事になる。そして更に何故カレーを運んでいるのか?
一般的に吸血鬼とは、人間だった頃の食事では満たされず(食べられないわけではないが)、
人間の血を吸う事でしかその存在を保てないとされている。真祖であってもそれは同じ。
ドラキュラ伯爵に仕えているのだとしたら何時もワイングラス片手に嗜んでいるであろう
人間の血で良いはずなのに、スケルトンボーイ達はその全てがカレーを運んでいるのだ。
一応、悪魔城にはドラキュラ伯爵以外にも城内のエリアを守護する眷属達が大勢いるため、
その中の誰か、もしくは兵士達のためにカレーを運んでいると考える事もできなくはないが・・・

余談

カレーの魔王様
DLCが遅すぎる件・5


主人公の蒼真君が公式でもカレー好きな描写があるのは大体このボーイの所為である
詳しくは元記事に譲るが元々ユニークな能力だけにファンの間でもキャラ付けがし易いためか、
「カレーの魔王様」の愛称で親しまれている。もしやスケルトンボーイがカレーを運ぶのは
蒼真君の好物だからである可能性が・・・?転生した魔王の好みに合わせて運んでくれているのなら、
上記の考察も一応意味が通るのだが、だったら投げずにそのまま食べさせて欲しいものである。
スケルトンボーイ「魔王様、カレーをお持ちしました。」
蒼真なにこれ、すげー美味そう。
有角カレーの誘惑に負けて魔王になる気か。

関連タグ

悪魔城ドラキュラ 暁月の円舞曲 蒼月の十字架 スケルトン 給仕 カレー 来須蒼真

関連記事

親記事

悪魔城ドラキュラ あくまじょうどらきゅら

兄弟記事

コメント