ピクシブ百科事典

スケルドン

すけるどん

ザ☆ウルトラマンに登場する恐竜の骨に酷似した姿の怪獣の名称。
目次[非表示]

データ

登場作品『ザ☆ウルトラマン
第30話「動き出した巨大化石」

別名身長体重出身地
骨怪獣88m 1万3千t 奥多摩・6億年前の地層

概要

奥多摩の恐竜が繁栄していた頃よりも遥かに遡った時代である6億年前の地層から発見された、恐竜のに酷似した姿の生命体。

当初は普通の恐竜の化石だと誤認され、その発見された年代から考古学的、学術的にも貴重なサンプルとして博物館に収容されるが、中に突如として活動を再開。
から吐き出す色い毒ガスを撒き散らして街に多大な被害をもたらし、火の海に沈めた。

鋭い肋骨ブーメランのようにして飛ばして攻撃をすることが出来るという毒ガス以外の攻撃手段をも持つ。

さらに、例え体を粉砕されも喉元にある体をコントロールしている中枢部を叩かない限り、何度でも復元・再生することができ、さらに自ら体をバラバラに分解することで敵の攻撃を無効化することもできる。

また、特殊な構造をした体組織により普通のX線写真ではの内部構造までを写し取る事が出来ない為、体をコントロールしている中枢部の存在は科学警備隊もその存在を推測はしていたが、体のどの部分にあるかまでは把握できずに手を拱いていた。

ウルトラマンジョーニアスとの戦闘でも上記の能力で苦しめるが、最後は『ウルトラストッパー』で封じられ、『ウルトラアイ』による透視能力で喉元にある中枢部を発見され、その部分にピンポイントで放たれた『プラニウム光線(Aタイプ)』により中枢部が破壊された事により爆散、絶命した。

なお、この怪獣がどこからやって来たのかは、最後まで明かされる事はなかった…。

関連項目

ザ☆ウルトラマン ウルトラ怪獣

その他の骨だけの姿をした怪獣たち(黒い皮膚のような物があるが…)
シーボーズ ステゴン ムードン

コメント