ピクシブ百科事典

スワンチカ

すわんちか

ファイアーエムブレムシリーズに登場する斧

概要


初登場は聖戦の系譜で、ロプト帝国に対抗した12聖戦士のひとり、斧使いネールが竜族から授かって使用した聖なる斧であり、戦後グランベル帝国内にネールが興したドズル公爵家に受け継がれた。作中ではランゴバルトと孫のブリアンが使用する。一応ダナンもネール直系だが、解放軍との対決前にブリアンに引き継がせている。
守備・魔防の補正に加え、投げ斧でもあるため射程1-2となっているが非常に重いのが難点。

聖戦では敵専用だったが、覚醒で再登場し味方ユニットが使用可能になった。ストーリー中でインバース配下の12魔将のひとりが持っており、倒すとドロップする。
能力補正は守備のみとなったが、重さの概念がなくなったことで格段に使いやすくなり、攻撃力の高さや、投げ斧ゆえ間接攻撃可能なことも相まって強力な武器になっている。

幻影異聞録#FEでも斧の神器を代表する形で、源まもりドーガカルネージ武器の一つとして名称が採用されている。

関連

ティルフィング/ミストルティン/バルムンク/ゲイボルグ/グングニル/イチイバル/ファラフレイム/トールハンマー/フォルセティ/バルキリー/ナーガ/ロプトウス

pixivに投稿された作品 pixivで「スワンチカ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 74

コメント