ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ソーニャ(FE)

そーにゃ

ソーニャ(FE)とは、ゲーム「ファイアーエムブレム烈火の剣」に登場するキャラクター。
目次 [非表示]

プロフィール


概要

「私は、ネルガル様に選ばれた優れた“人間”なのよ。」


ファイアーエムブレム烈火の剣に登場する敵キャラで、見かけは本作登場キャラの中でも屈指のナイスバディを誇る美女。しかし、その性格は目的のためならば手段を選ばない冷酷非情さと過激な選民思想を持つ。


ベルン王国領内に拠点を置く腕利きの暗殺者集団、【黒い牙】の首領・ブレンダン・リーダスの後妻だが、夫に愛する素振りはなく、連れ子のニノに対してもかなり冷たい。

また、部下のジャファルに対しては、暗殺の腕は認めつつも完全には信用しきっていない(後の任務において、ジャファルの動向がおかしいとウルスラに監視させている)。

しかし、同じ部下のウルスラに対してのみ「私のお気に入り」と表現し、態度を軟化させる。

そして、人の形を持つモルフに対しては「薄気味の悪い人形」と軽蔑していた。

本編にてイベントで度々登場し、ベルンの騒動の後の「外伝」マップにてボスキャラとして登場。そして…。


なお、外伝に行かなかった場合は、ブレンダンに負わされた傷を見たネルガルから用済みと見なされ廃棄されるという結末を迎える。


以下、黒い牙の核心に迫るのでネタバレ注意!


































実は黒い牙を乗っ取り、大乱を起こすことでエーギル(※人間の生命エネルギー)を乱獲するためにネルガルによって送り込まれた、直接組織を根本から変えた元凶(正確には送り込んだネルガルが全ての元凶)である。

首領ブレンダンに近づき、色気で虜にしたのもその布石だった。

また、ウルスラを始めとした本作で戦う黒い牙の幹部・手下のほとんどは彼女がやって来た前後に追加された新参者であり、古参のメンバーを排除していき、少しずつモルフと入れ替えていた。

それに気づいたブレンダンも時すでに遅し、自らの手で葬ってしまう。


その後「母さんと話をつけたい」と言って遅れてやってきた娘のニノに対しても、任務に失敗しておきながらおめおめと自分の下に舞い戻って来たことへの苛立ちを露わにし、「こんなことなら、早々に実の親のところに送るんだった」と言い放つ。

実は、かつてソーニャとネルガルがとある名門魔道士一族の隠し持つ情報を奪い取るために一家丸ごと虐殺を行った際、将来何かの役に立つかもしれないというネルガルの気まぐれであえて一人だけ生かされ、ソーニャが母親役となって養育していた子供……それがニノであり、本当はこの二人に血の繋がりなど一切無かったのである。


本性を露わにしたソーニャから「おまえみたいなクズは邪魔にしかならなかった」と徹底的に罵詈雑言を浴びせかけられ、震えあがるニノの姿を見るに見かねたジャファルは、これまで感情を排除された道具としてしか扱われてこなかった過去を跳ね除け、強い怒りを燃え上がらせる。




いざ戦闘が始まると、彼女もウルスラと同様に遠距離攻撃魔法サンダーストームを持っているのが厄介。暗闇からではなく、ターンごとに浮き沈みする狭い通路という地の利を味方につけているため、うっかり攻撃範囲に入っている場合が多く、強ボスBGMが流れると共に狙われる演出はかなりヒヤリとさせられる。

ニノ・ジャファルで戦うと専用の会話があり、どちらもストーリー的にかなり盛り上がるので必見。

……と言っても、最初からある程度強いジャファルはまだしも、ニノは一つ前のマップで下級職レベル5で加入したばかりのキャラなので、このマップ内で一気に鍛えて賢者にクラスチェンジさせておくぐらいのことはしておかないと、到底太刀打ちはできないが。




……かくして、最終的にはエリウッド達に敗北し、死に瀕していた所で、今更のようにリムステラが様子見に現れる。

この状況下で尚もソーニャは「人形は近寄るな」と強がりを見せるが、その矢先にリムステラの口から、


「・・・人形からは、エーギルがとれない。」


「おまえはもう、ネルガル様の役に立たない・・・。」


と告げられる。


……結局は、ソーニャもまた「自分は人間である」と思い込むように作られたモルフだった

(尚、何故わざわざそういう人格設定で作られたのかは不明である。ネルガルの実験の一環だったのか、あるいはリムステラのように本当に感情が芽生えていた可能性もある。)


そして、ソーニャは、その真実を受け入れることもできないまま、一人みじめに息絶えるのだった……。



作品内では最後までモルフであることを受けれ入なかったソーニャだが、プレイヤー視点から見るとモルフである描写は多くある。


主だった外見的特徴がリムステラやエフィデルといったモルフ達と丸っきり一緒

(黒い髪、青白い肌、金色の瞳など)

・娘という触れ込みで登場したニノとさっぱり似てないリーダス兄弟から「あの女の娘とはおもえねー」とか言われるのも致し方なし。

・いざ直接対決の場面になると幸運のステータスが0(※モルフの敵キャラ全てに共通する特徴)


ヒーローズ

冷酷非情の妖姫 ソーニャ


属性
兵種魔法/歩行
武器ブラーサーペント+
奥義氷華
A守備魔防の城塞2
C攻撃魔防の威嚇2

2021年4月に大英雄戦でようやく登場。これでニノやジャファルと一緒に戦うことが実現する。ステータスは原作に準拠していて魔道でありながら守備はやや高い。大英雄で初の守備魔防の城塞2と攻撃魔防の威嚇2が登場した。スキル継承としての価値も高い。

しかしサンダーストームでもなくフィンブルでもなく汎用武器のブラーサーペントになっている。それでも受けに徹した効果で弓でも戦えるスペックになっている。速さは遅いので切り返しを付けるか追撃を捨て、混乱でデバフ型にするのもあり。


関連イラスト

センシティブな作品センシティブな作品

センシティブな作品センシティブな作品


関連タグ

ウルスラ  ニノ  ジャファル  リムステラ  ネルガル

ファイアーエムブレム 烈火の剣


悪女 毒母


カチュアラーチェル…同シリーズの中の人繋がり。


他作品での同類とされるキャラクター

美獣…同じく組織の男性の長に近づいて虜にする形でその組織を乗っ取った女。

該当組織であるナバール盗賊団も元は義賊集団という点で黒い牙とは共通している。


ハザル・ゴッツォクリザリッド…同じく同胞の人工的に作り出された存在を過度に見下しているが、実は自分自身もそれらと同じく作り出された存在に過ぎず、死の直前にその真実を知らされ絶望の末に死亡した。


紅婦人…同じく組織を乗っ取った女性で他者を過度に見下す傲慢さも共通。こちらにもはいるが実娘

関連記事

親記事

黒い牙 くろいきば

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 203215

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました