ピクシブ百科事典

チャンバラノイド

ちゃんばらのいど

登場作品『機動刑事ジバン』36話「夢見るチャンバラ怪物」 ジバンの必殺技を受けてやられたのではない、稀有なバイオノイド。
目次[非表示]

チャンバラノイド


登場作品

登場作品『機動刑事ジバン』36話「夢見るチャンバラ怪物」
ジバンの必殺技を受けてやられたのではない、稀有なバイオノイド。

プロフィール

秘密犯罪組織バイオロンの怪人たち・・・バイオノイドの第34号目に当たるバイオノイド
カブトムシを甲冑に見立てたその格好良さ。雨宮慶太氏の和風テイストがうまく生かされている。
カブキノイドシノビノイドと並んで、和風バイオノイドとして語られる。


目的

「勝ちゃいいのさ! 」子どもたちに卑怯な手段でも、勝てば官軍、ということを示すために、剣道など道場やぶりを行った。
それを見た子どもたちは、次第に卑怯な方法でも勝つためには許される、とモラルをゆがめてしまうだろう。というのが今回の作戦。
まるで仮面ライダーRXのグレートマスクのような作戦だ。

特徴・性格

しかし、チャンバラノイド自身は、卑劣な手段を嫌うサムライらしい性格。
チャンバラノイドは、サムライのエキス!? なる奇想天外なものから作られており、その侍が、愛する姫を賭けた決闘て、卑怯な手で負けてしまう。
このため、チャンバラノイド自身「卑怯な手でも勝てばいい」「しかし仁義は守らねば。」という二律背反で悩んでおり、非常に人気が高いバイオノイドとなった。
実際に、ジバンに降伏したふりをして罠に落とし、目つぶしまでも食らわせた。
しかし、怒りに燃えるジバンにはかなわない。あわや、というところで、ジバンはとどめを刺さなかった。
「たとえ怪物とは言え、人を愛する心を持ったものを斬るわけには行かない。」
そう、ジバンは熱い心を持つ警察官なのだ! 
しかし、チャンバラノイドは、それを潔しとせず、サムライ姿の人間体に戻る。
人を愛する心、そして、侍としての心意気を取り戻させてくれた洋子に礼をいいつつ、切腹自爆して果てる。
「カゼノイド」と同じく、人の心を取り戻した怪物の葛藤を描くエピソード。
洋子先輩も涙した。

人間体でも侍のコスプレをしている、時代劇を好む。洋子先輩を昔愛した姫と勘違いする、など、カブキノイドライクなオモシロ系バイオノイドと勘違いされるが、洋子先輩を守ってバイオロンと戦ったり、それで傷ついた洋子先輩を手当てしたり、と人情深い怪物。

pixivに投稿された作品 pixivで「チャンバラノイド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 533

コメント