ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

チーターマン

ちーたーめんおよびちーたーまん

アクションゲーム『チーターマン』シリーズ、もしくはそれに登場するキャラクター。
目次 [非表示]

曖昧さ回避

  1. 伝説のクソゲー及びそれに登場する3兄弟のこと。本記事で解説する。
  2. グインさんのこと。
  3. チーターっぽい獣人(男性)に付けられるタグ。
  4. ゲームアプリ『モンスターストライク』に登場するモンスター。

概要

チーターマンリーダー アポロ

「Active Enterprises(アクティブエンタープライゼス)」が発売した横スクロールアクションゲームシリーズ。

実際は「CHEETAHMEN(チーターン)」と書かれているが、日本では一般的に「チーターマン」としての知名度が高い為、こちらでは「チーターマン」として呼ぶ。


理不尽・未完成・バグだらけと、ネットを中心にそのクソゲーぶりが色々な意味で評価され、今となっては伝説のクソゲーと呼ばれており、BGMだけはクオリティが高く、日本のネット上では多数のアレンジ版が作られ、ちょっとしたブームになった。


チーターマンと言ってもバリエーションがあり、カルト的な人気を誇る懐古クソゲーマーのAVGNが丁寧(?)に全作に関するレビューを残しているので、それも併せて以下に列挙する。

シリーズ一覧

Action52(NES版)

52種のゲームが入った数万円のソフトだが、理不尽の進行不能ゲームや低品質のゲームがほとんどで、最後にチーターマンが入っている。

なお1時間ほどプレイしていると過熱してプラスチックがこげたような臭いを出すらしい


Action52(ジェネシス版)

NES版よりかは比較的遊べるソフトが多いが、ペイント機能や記憶力テストのようなアクションとは無関係な内容のものも混入している。

なお肝心のチーターマンはゲーム内容もBGMも劣化している。


チーターマン2

アクティブエンタープライゼス社の倉庫跡から見つかったお蔵入りソフトで、こちらの方が知名度が高い。


あらすじ

アフリカで暮らしていたチーターの三兄弟は、ある日マッドサイエンティストDr.モービス母親を殺され、モービスの研究所で無理矢理遺伝子改造手術を受ける。

チーターのスピードとパワー、人間の頭脳を兼ね備えた「チーターマン」に改造された三兄弟は、それぞれアポロヘラクレスアリエスと名付けられた。

モービスは世界征服計画しており、チーターマンはその手駒として作られ、彼の思想を危険視したアポロは弟二人と脱走を試みるが、それを知ったDr.モービスは逃がすものかと刺客を送りつける。


チーターマン三兄弟と悪のサイボーグアニマル軍団の戦いが始まる。


まあ要するに某バッタマンのチーター版ですね。


チーターマン三兄弟

長男・アポロ(APOLO)

チーター

ボウガンの使い手。知恵が働く博識な、チーターマン三兄弟のまとめ役。なお三兄弟の中で唯一飛べず下への攻撃も出来ないため最弱。


次男・ヘラクレス(HERACULES)

チーターマン

空手の使い手。3人の中で一番体が大きい。action 52のタイトル画面の担当は彼である。


三男・アリエス(ARIES)

Doodle 27

棍棒使い。鉢巻を巻いている。小柄で敏捷。オリジナル版のチーターマン2では使うことは出来ない。

CMでは「エアリーズ」と呼ばれている。


余談

元々チーターマンはメディアミックス展開を考えていたらしく、Action52(NES版)にはコミックス版が付属していたらしい。

Action52のゲームの51作品は前座で、チーターマンを推し進めていたようだが、ソフト内容が内容だけにその目論見は失敗に終わって話題になることすら無く、倒産してしまった。


しかしながらインターネットで本作のプレイ動画が公開されるやいなや、国内外共に二次創作が描かれるようになり、長い時を経てその目的は成就したとも言えなくはないかもしれない。


当の元制作者は過去のことは忘れたいと語っていた。

関連イラスト

チーターマン2チーターマンイメージイラスト【完成】

チーターマンチーターマン

関連タグ

ゲーム クソゲー 伝説のクソゲー バグ

チーター ケモノ 


ヂートゥHUNTER×HUNTER):念能力がボウガンなのは多分本作に因む。

関連記事

親記事

action52 あくしょんふぃふてぃーとぅー

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 719201

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました