ピクシブ百科事典

デレク・ジーター

でれくじーたー

アメリカ合衆国出身の元メジャーリーガー。選手引退後は野球チームの経営者。

概要

所属OB
国籍アメリカ合衆国
出身ニュージャージー州
生年月日1974年6月26日
身長・体重191cm、89kg
投球・打撃右投右打
守備位置遊撃手
プロ入り1992年
経歴ニューヨーク・ヤンキース(1995-2014)


高校時代はバスケットボールもしていたが、大学から声がかからなかったため、野球一本に絞り、1992年にニューヨーク・ヤンキースからスカウトされた。
1996年からレギュラーに定着し、新人王を獲得。デビューから背番号「2」を与えられており、当初から高く評価されていたことが窺える。
ワールドシリーズ制覇5回と輝かしい野球生活を送り、2014年に現役を引退。背番号「2」はヤンキースの永久欠番に指定された。「0」を除けばヤンキース最後の1桁背番号だった。

2017年にマイアミ・マーリンズの買収に参加。球団CEO(最高経営責任者)の座に就いた。
常勝球団であるヤンキースの主将を務めた実績から、マーリンズの立て直しを期待されたが、2019年からのチームロゴとユニフォームのデザインを変えただけでポストシーズン進出を狙う戦力増強はしていないため、経営手腕を疑問視する向きもある。

打撃においては右打ちを得意とした。また類まれなリーダーシップを持ち、松井秀喜らもジーターを慕っていた。

また甘いマスクで女性からも人気があった。

選手引退後、出身地ミシガン州のスポーツ殿堂にノミネートされたが、式典をドタキャンしたため殿堂入りがお預けになったことがある。これは決して「州単位のみみっちい肩書なんてイラネ!」という感情的なものではなく、多忙なスケジュールと悪天候が重なり式典当日までに現地へ行くための航空便を確保出来なかったことに起因する。

2020年には資格1年目でアメリカ野球殿堂入りを果たす。現役時代から殿堂入り自体は確実視されていたため、史上2人目の満票達成なるかが注目されたが、ただ1人ジーターに投票しなかった記者がおり、快挙はならなかった。

関連記事

関連記事

親記事

メジャーリーガー めじゃーりーがー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「デレク・ジーター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 250

コメント