ピクシブ百科事典

トランスコード・トーカー

とらんすこーどとーかー

トランスコード・トーカーとは遊戯王OCGに登場するリンクモンスター。
目次[非表示]

概要

『STARTER DECK』の2018年版にて登場した攻撃力2300・地属性サイバース族リンクモンスター
今までのコード・トーカーシリーズから一転、全身は角張ったロボット然としたデザインであり、バスターランチャーのような物を引っ提げている。

デコード・トーカーと同様に効果モンスターしかリンク素材にできない。

モンスター効果は1つ目が相互リンク状態の自身と相互リンク先のモンスターに攻撃力500上昇と相手のカード効果の対象にならなくなる効果。
エクストラモンスターゾーンであればこのカードに上向きのリンクマーカーを持つカードをリンクさせる事で強化できる。自分のフィールドとは限定していないので当然だが相手も同様のモンスターをリンクさせる事で強化する事が可能である。なお、後述の効果のためにエクストラモンスターゾーンに残すという選択もあるにはある。
2つ目はトランスコードを除くリンク3以下のサイバース族リンクモンスターをこのカードとリンクするように墓地から蘇生する効果。蘇生したモンスターには相互リンクできるカードを選択するのがベストだろう。モンスターゾーンに関係なく相互リンクが可能なトライゲート・ウィザードやエクスコード・トーカーは特におススメである。

原作・アニメでの活躍

アニメ遊戯王VRAINS藤木遊作が使用するリンクモンスターの1体。
リボルバーとのデュエル(3戦目)中に発生した高密度のデータストームに突入した遊作がイグニスのサポートを受け、データストームへアクセスするスキル「Storm Access」を行使した事で手にした。
自身の効果でデコード・トーカーを蘇生し、フィールド魔法「サイバネット・ストーム」の効果に加えて相互リンク化した自身とデコードを強化して攻撃を行うが、チョバムアーマー・ドラゴンの効果でフィニッシュを決まられず、
リボルバーがデュエルを相打ちに持ち込んだため「初召喚でフィニッシュ」の達成が失敗に終わる。
また、4度目のリボルバー戦では魔法カード「ゼロ・エクストラリンク」で攻撃力を上げ、リボルバーにとどめを刺そうとしたが、トラップカード「リンクショート」で攻撃を封じられたので、リンク3コード・トーカーの中で唯一フィニッシャーになることができていない。
(1)が適用されているのになぜか相手の効果を受けていた。

アニメ版では蘇生効果がコード・トーカー専用であったが、代わりに発動ターンの特殊召喚の制限は無かった。

テキスト

リンク・効果モンスター
リンク3/地属性/サイバース族/攻2300
【リンクマーカー:上/右/下】
効果モンスター2体以上
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが相互リンク状態の場合、
このカード及び、このカードの相互リンク先のモンスターの攻撃力は500アップし、
相手の効果の対象にならない。
(2):「トランスコード・トーカー」以外の
自分の墓地のリンク3以下のサイバース族リンクモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。
この効果を発動するターン、自分はサイバース族モンスターしか特殊召喚できない。

攻撃名「トランスコード・フィニッシュ」「トランス・フォールト」

余談

トランスコードの登場でコード・トーカーだけのエクストラリンクを完成することが可能になった。エクスコード・トーカーの位置で場所が変わる。

リンクマーカーはエクスコード・トーカーシューティングコード・トーカーの向きが違うものとなっている。このリンクマーカーの向きはトランスコード・トーカーのみである。(2018年11月現在)

関連タグ

遊戯王VRAINS
藤木遊作 リンクモンスター コード・トーカー

pixivに投稿された作品 pixivで「トランスコード・トーカー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1079

コメント