ピクシブ百科事典

ノッキャン

のっきゃん

『獣電戦隊キョウリュウジャー』の有働ノブハル×キャンデリラのカップリング。
目次[非表示]

ブレイブな馴れ初め

ブレイブ40にて、妹の優子の薦めで喜美子という女性とお見合いをすることになったノブハルだったが、その相手はなんとキャンデリラ人間態だった。

これはデーボ・カントックの能力でキャンデリラを女優に見立てて
『相手が望んだ映画世界の主役にしてグッとくーる画』
を撮影することにより、人間たちから喜びのオーラを奪った挙句、異次元に閉じ込めてしまう作戦だった。

既にブレイブ11で人間態の状態で面識があったノブハルはキャンデリラの尻尾を掴むため、キャンデリラは作戦を実行するためにお互い牽制状態でお見合いを進めていく。

しかし

  • ノブハルの親父ギャグで爆笑
  • ブレイブ11での「敵同士じゃなかったら、恋してたかも」という発言
  • 敵同士にも関わらず攻撃から自分をかばって怪我をしたノブハルを心配そうな目で見る
…など、この時点で既に少なからずノブハルの事を本当に気に入ってるんじゃないか?という描写が見られる。

そして後半では、再び二人で会う約束を取り付けたノブハルが、キャンデリラに対して
『囚われた人々の居場所を教えてほしい』
『出来ればもう悪いことはしないでほしい』
と土下座でキャンデリラに頼み込む。

当然、キャンデリラは戸惑う上に事情を知った優子が乗り込んでひと悶着になる。
『兄さんが信用してるから』と兄の熱意に負けた優子が引き下がり、一件落着。

…と思いきや、デーボ・カントックがノブハルに猛攻撃を仕掛ける。
ガブリボルバーも弾かれ変身不可状態で窮地に追いやられるノブハル。
次のターゲットになる男を狙いに行こうとするカントックとキャンデリラ。

しかしノブハルはキャンデリラたちに悪事を止めさせたい一心で、
『行ったらダメだ!もうこれ以上悪いことはしないでくれ!君とラッキューロは人間たちを喜ばせたり楽しませたりするために生まれてきたから、人間を好きになることができるはず!』
と叫ぶ。

その叫びがキャンデリラに届いたのか彼女はノブハルの元へガブリボルバーをつい蹴飛ばし、さりげなくマル秘事項だったはずの囚われた人間の居場所を漏らして帰ってしまった。

戦闘後、氷結城でどこか浮かない顔をするキャンデリラ。
「まさか惚れちゃったんスか?」と尋ねるラッキューロに対して「そんなわけないじゃな~い」と否定はするものの、ノブハルの口癖の親父ギャグをすっかり伝染されてしまい、大笑いするのだった。

様々なフラグ

この回でノブハルとキャンデリラとの恋愛フラグが立つ(しかもある意味妹公認)。

またブレイブ38ではアミィがラッキューロに対して、ブレイブ40ではノブハルがキャンデリラに対して悪事を止めるように諭したこと、更にブレイブ45にて百面神官カオスがキャンデリラが第二のトリンとして人間側に寝返る事を危惧して抹殺命令を下した事などから、デーボス軍と人間が心を通わせる可能性や、二人の終盤における生存、もしくは改心フラグも期待されていた。

そしてブレイブファイナル…

ブレイブ46で自分を愛してくれたアイガロンを失い泣き崩れるキャンデリラとラッキューロの前に、ノブハルがいつもの親父ギャグで彼女を慰め、キャンデリラはノブハルに抱きつく。
イアンとノブハルに諭され、ラッキューロとともにデーボスと決別した。

そしてブレイブファイナル。
デーボスを倒した後、町で炊き出しの最中、ダイゴと生き別れ悲しみに暮れるノブハルに、
「泣かないで、キープスマイリング♪」
とどこかで聞いた声で女性がハンカチを差し伸べる。
ノブハルが振り返った時には誰もおらず、建物の陰でその女性…もとい、喜美子に変身していたキャンデリラが、ノブハルをそっと見つめるのだった。

帰ってきた獣電戦隊キョウリュウジャー』では、ノブハルの直系の子孫ではなく姪の孫であるノブ太さんが登場した。
諸事情あって他のメンバーがチグハグな色で戦う中、キャンデリラは残っていたノブハルとの記憶から、ノブ太さんにだけは的確な色を選べていた。
本編終了後の2人がどうなったのかは不明だが、キャンデリラの心にはノブハルとの出来事が残り続けていた模様。

関連イラスト

~♡
ノッキャン



関連タグ

獣電戦隊キョウリュウジャー 特撮男女カプ 有働ノブハル キャンデリラ
人間×人外

pixivに投稿された作品 pixivで「ノッキャン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 120230

コメント