ピクシブ百科事典

バトゥ

ばとぅ

モンゴル帝国の武将。チンギス・ハーンの孫であり、キプチャク・ハン国の創始者。
目次[非表示]

概要

1207年生~1256年没
漢字では抜都。資料によってはバツ、バツーとも。

モンゴル帝国の創業者チンギス・ハーンの孫にあたる。
父親ジョチはチンギスの長男である。

ジョチの没後、その軍を引き継ぎ、ルーシ(現在のロシアウクライナ)、ハンガリーポーランドを攻略。中央アジアから東ヨーロッパに至る広大な領土を掌握し、帝国傘下の地方政権を建てた。
この地方政権は後世、草原の国「キプチャク・ハン国」 または「ジョチ・ウルス」と呼ばれる。

ヨーロッパに侵略し、勝利した武将であることから、「タタールのくびき」を象徴する人物としてヨーロッパでは畏怖の対象とされてきた。一方、武将としては有能で、モンゴル人からはサイン・ハン(偉大な賢君)と評された。

生涯

1224年に父が死去した際に跡を継いでジュチ家の当主となった。

1236年にオゴダイ・ハーンの命令により西のヨーロッパ方面への遠征軍の総司令官となり、オゴタイの子グユクやトゥルイの長男モンケ等帝国の若手の皇族を率いた。
遠征軍はカスピ海北方のブルガル人やキプチャク族の征服から始まり、1239年~1240年にかけてキエフ等のルーシ(ロシア)の各都市を攻略して破壊と虐殺を行いルーシ諸侯は尽く殺害されるか降伏した。ルーシ征服後は別働隊がポーランドに侵攻し、バトゥ率いる部隊はハンガリーに侵攻してモヒの戦いにてハンガリー王ベーラ4世の軍を撃破しハンガリーを征服した。

しかし1241年にオゴダイが亡くなった事によってヨーロッパから撤兵した。

オゴタイ死後にハーンとなったグユクとはヨーロッパ遠征以来不仲でグユクのハーン即位を認めずに対立関係となり1248年に至ってグユクがバトゥ討伐の軍を起こして西に向かうが急死した(バトゥが暗殺したともいう)。

グユク死後はモンケのハーン即位を支持し、自らはヴォルガ河下流域のサライを首都としてジュチ・ウルス(キプチャク・ハン国)の体制固めに尽力した。

創作物におけるバトゥ

ファイアーエムブレム聖戦の系譜において同名のキャラクターが登場する。
森と湖の国ウェルダン王国の国王。バトゥ王とも呼称する。

元来は穏健な性格で蛮族と蔑まれてきたウェルダン王国の発展に力を尽くし、グランベル王国・アグストリア諸侯連合とも友好関係を保っていたが、グラン歴757年に息子のガンドルフ王子とキンボイス王子に命じてグランベル王国のユングウィ地方に侵攻する事になる。

それは暗黒教団の魔術師サンディマに操られた事であり、サンディマにより重傷を負わされウェルダン城に駆けつけたシグルドに暗黒教団の脅威を伝えて死亡した。

関連タグ

帝国 遊牧民族

関連記事

親記事

モンゴル帝国 もんごるていこく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「バトゥ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2414

コメント