ピクシブ百科事典

パプアキンイロクワガタ

ぱぷあきんいろくわがた

クワガタムシの一種。

クワガタムシの一種。ニューギニア島インドネシアパプアニューギニア)に生息している。
独特の金属光沢があり、数種類の色彩変異がある。青色の雄は珍しく、珍重される。光沢は雄より雌のほうが強い。
雄の大アゴは上へと反り返っている。
この大アゴは戦いのためのものではなく、エサとなるの汁を吸う際、茎を押さえるためのものである。前足にある扇形の突起で茎を切断する。
ファンの間では通称パプキンと呼ばれている。

生息地では数年に一度大発生し、現地住民がおやつに食べることもある。

甲虫王者ムシキング

2006ダイナミックスタンドで初登場。つよさ100のバランスタイプ。肩書きは「パプアの虹」。必殺技はチョキ・「(スーパー)エアロキャプチャー」。
デビュー当初はストーリーモードにおいて重要な役割を担っており、こいつとムシキングを使わないとエンディングを見ることができなかった(さばくの森。のちに2006セカンドおよびDSソフト「甲虫王者ムシキング スーパーコレクション」でも再登場し、ここではパプキンがいなくてもプレイ可能)。

新甲虫王者ムシキングには2015 2ndより登場。階級はN。

関連タグ

コメント