2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

新聞コミックがデビュー作品で、後に『ドナルドの腕白教育(Donald's Nephews)』でスクリーンデビューを果たす。

ドナルドダック双子デラ・ダック(短編映画ではダンベラ、妹説も)の子供たちでアヒル三つ子
一部作品を除いて見た目やの違いがなく、着てる服の色がヒューイデューイルーイ

デラが三つ子の面倒を見られなくなる事情ができたため、ドナルドやスクルージに預けられるという作品が多い。

イタズラ好きでドナルドの言うことを聞かないため、短編作品ではいつもドナルドを怒らせている、ドナルドに危害を加える相手役のような存在。ドナルドも遠慮なくやり返したり、時には大人気なくもドナルドの方からふっかける事も少なくないが、それに怒った三つ子に逆襲されるというパターンが多い。
しかしドナルドのことを嫌っているわけではなく、好きな相手だからこそむしろちょっかいを出しているということが多く、ハウス・オブ・マウスではヘマばかりするグーフィーに対して、「ドナルドおじさんと大違い」とドナルドを引き合いに出してなじる等、話によってはドナルドを尊敬している節を見せる他、ダックテイルズクワック・パック等ではドナルドを普通に慕い、良好な関係を築いている事も少なくない。
『ドナルドの誕生日』ではなんとかドナルドに葉巻をプレゼントしようとしていたが、「子供のくせに葉巻を吸いたがっている」とドナルドに勘違いされて厳しいお仕置きを受け、真実を知ったドナルドが罪悪感で萎縮するという救われないエピソードもある。

三人とも料理が非常に得意であり、東京ディズニーランドトゥーンタウンにあるグッドタイムカフェは、スクルージから援助してもらって三人がやっているカフェという設定である。

声優


時期によって声変わりとして声優が変わるキャラクターの一人。一般的にオリジナル版は一人三役であり、他作品で声優が変わってもそれは作品の設定年齢などが関係している。日本語版もそれに準じている。

原語版

ドナルドダックと同じクラレンス・“ダッキー”・ナッシュが担当したが、ドナルドと違い1965年を最後に降板、というより三つ子との共演作がほとんどなくなってしまい、結果ドナルド一本に絞るようになる。以降は複数人が担当していた時期があったが、詳細は不明。
その後はドナルドの二代目を引き継いだトニー・アンセルモが一時引き継ぐ。なおクラレンスもトニーも1人で4役もこなしていた
ダックテイルズわんぱくダック夢冒険)からミニー・マウス役でお馴染みのルシー・テイラーが一部を引き継ぎ、作品ごとに分担している。他作品は以下の通り。

  • クワック・パック
    • ヒューイ:ジェニー・イライアス
    • デューイ:パメラ・シーガル
    • ルーイ:エリザベス・デイリー

  • ダックテイルズ(リブート版)
    • ヒューイ:ダニー・プディ
    • デューイ:ベン・シュワルツ
    • ルーイ:ボビー・モイニハン

日本語版

現在の公式日本語版ボイス担当は坂本千夏である。しかしそれ以外の作品は全て別に役が割り当てられている。なお、氏は三つ子をトーンの違いで演じ分けている。

過去のディズニー外での販売・展開作品では複数人が担当し、先の通り原語版でキャスト変更が行われた場合はそれに合わせている。





関連イラスト

ハッピーハロウィーンハーベスト2013
リク絵



関連タグ

ディズニー アヒル ドナルドダック

関連記事

親記事

ディズニーキャラ でぃずにーきゃら

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ヒューイ・デューイ・ルーイ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ヒューイ・デューイ・ルーイ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16594

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました