ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

第46話『火を吹く消防ロボ』に登場する人型消防ロボ。頑丈な体を活かし危険な現場に突入し、両手、胸部からの消火剤で鎮火する。
コマンド入力で操作し、背中には燃料補給用のチューブがある。

ライナーボーイとは異なり人工知能は搭載されていないが、「敬礼の際に右側に傾く」という愛嬌ある動作(プログラムミスと思われる)でショウに気に入られ、「ビッグ」という愛称を付けられた。また開発には消防局に所属していたナガレが関わっている。
ショウが航空隊に所属していた際は現場までの輸送を担当することが多く、それもあってショウからは「仲間」として親しまれていた。

46話にてショウ、ナガレと再会。上記の特徴的な動作は「任務に支障は無い」ということでそのままにされている。
しかし災魔カードをすべて使い切ってしまった呪士ピエールによって魔力を注入され巨大化、大暴走をする。本来はサイマ獣として命を吹き込むつもりだったが、インプスがぶつかったことで用意したカードを全てサイマ獣召喚の悪魔像に放り込んでしまったため、燃料補給チューブを悪魔像に投げ入れて呪文を唱え、魔術の力をチューブから機体へと送り込んだ。
ピエールの「能力反転カード」の影響か、消火とは逆に両手からの火炎放射や胸から発射する砲弾でビクトリーロボを苦しめる。だがラダーボンバーの連続とウィンドミルラダーを受け機能が低下し、人間大へと戻り一見落着となった。

……………と思いきや解析の結果、その体は既にサイマ獣と化しており、現在の技術では元に戻すことができないと判明。いつ暴走してもおかしくない状態であり、ナガレと消防局の判断により解体処分が決定する。

ナガレ「分かるだろ?燃料もないのに動いてるんだ。普通じゃない」
ショウ「それなら…………それなら生きてるってことじゃないか!」
ナガレ「災魔が与えた命でな。今のビックは、いつ暴走を始めてもおかしくないんだ。そうなったら街が危険に晒される」
ショウ「でも、生きていれば心が生まれるかもしれないだろ!?」
ナガレ「ビックは元々車やテレビと同じ、意思の無いただの機械だ。安全のためには、解体するしか…………」
ショウ「あんだけ一緒にいたのに、よくそんなことが言えるな!科学者ってのは…………そんなに冷たくなれるのかよ!!」

反発したショウによって連れ去られるが、サイマエネルギーの影響で再び暴走。躊躇なく親子を火炎放射で襲おうとする。
間一髪身を挺してその親子を庇ったショウだが、サイマ獣その物である姿にショックを隠せず立ち竦む。そこに駆け付けたナガレが、彼に語り掛ける。

ナガレ「お前が心が生まれるかもしれないって言ったとき、本当は俺もそう信じたいと思った…………けど、都合よく奇跡は起きてくれないもんだな」
ショウ「ナガレ兄…………」
ナガレ「行こう、ビックは俺達消防の大事な仲間だ。これ以上、破壊をさせるわけには行かない」

科学者としての立場から非情に徹してきたナガレであったが、開発者の一人としてビッグと関わってきたその想いはショウと同じだったのだ。ナガレの言葉を受け、ショウもビッグを止めるために再び立ち上がる。

その後はピエール、インプスと共にゴーゴーファイブと対決。その最中、タンクローリーを攻撃しようとしたため、ゴーブルーゴーグリーンに妨害されるが、躊躇なく攻撃した。
覚悟を決め、ビッグにVマシンガンの銃口を向けるショウとナガレ。その際に消防局時代に仲間として共に戦った記憶が脳裏に浮かぶ。
2人の悲痛な叫びと共に放たれたVマシンガンの銃撃を受け、敬礼の動作をしながら大爆発。完全に破壊されてしまった。

だがその直後、マトイの首筋に…………

余談

ビッグドーザーの登場した第46話がゴーゴーファイブ最後の通常回、及び同作で小林靖子女史が手掛けた最後の脚本回となった。

また、第46話放送日(2000年1月9日)には、俳優の眞栄田郷敦氏が誕生している。

関連タグ

救急戦隊ゴーゴーファイブ

関連記事

親記事

救急戦隊ゴーゴーファイブ きゅうきゅうせんたいごーごーふぁいぶ

兄弟記事

コメント