ピクシブ百科事典

フリーチベット

ふりーちべっと

「自由チベット」とも。チベット人が将来を決定する権利を獲得するためのNGO団体。
目次[非表示]

概要

中華人民共和国(以下、「中国」と表記)からの侵略を受け、今は自治区になったチベットの独立と自由を求める人々の合言葉・スローガン。もしくはそれを主張し続けている、1987年に設立されたNGO団体のこと。『自由チベット』『自由チベット・キャンペーン』とも。

第二次世界大戦の終結後、中国チベット侵略し、チベット人から土地を奪って自治区にして、チベット人に対する弾圧虐殺チベット仏教などの文化破壊活動を繰り返しているほか、漢族をどんどんチベットに移住させているために、チベットではこれまで何度も暴動が起こっている。
そのため、チベット人たちの亡命先であるインドをはじめとして、世界各国で中国によるチベット人への弾圧や、チベット人の人権やチベット文化の保護・破壊への抗議を目的として活動をしている。

しかし

注意しなければならないのは、以下の事実が欧米や日本のメディアでは無視されていることである。ウイグルなどに関しても欧米にデメリットな内容はウィキペディアやYoutubeやTwitterやFacebookなどで検閲対象にされてきた

  • チベット現地では独立派はかなり少数派
  • 旧チベットはナチスと関係が近かった
  • チベットの奴隷制を破壊し、人肉食や生きた人間を殺して作る工芸品などの文化を撤廃させたのは中国
  • ダライラマをはじめフリーチベットを叫ぶ側がかつての奴隷主側
  • 中央アジア・中東の混乱をあおって米国の介入の口実を作り中国にほどほどのダメージを与えるためチベットを独立させようとしたCIAや欧米の統一教会の工作が、陰謀論でもなくて実際に判明している
    • ダライラマに20年程度CIAから給料が支払われていた
  • 最初にチベットに到達した日本人である僧侶(河口慧海)も旧チベットの惨状を酷評している(参照
  • CIAの工作が失敗したのは、現地民の圧倒的な中国支持とダライラマへの憎悪の為
  • チベット現地では今でも毛沢東や人民解放軍を崇める人々が少なくない
  • 中国がチベットなどを解放しないのはインド・イランなどとの紛争緩和帯を作る側面もあり、他の国々もこれまで行ってきた(逆に海外メディアが中国の侵略を叫び当事者のブータンから否定されている
  • 現代中国では少数民族のが優遇されている部分が目立ち、漢民族が苦労している場面も少なくない
欧米知識人の見解の一部
以前のチベットの状況の例 ※閲覧注意)
CIAチベット計画 @Wikipedia
傘の革命武漢肺炎ウイグルも参照)

余談

また、この問題に声を上げて活動しているのは彼らだけではなく、日本天台宗』『日蓮宗』『日光修験などの一部の仏教団体や、タイの仏教団体などは、中国のチベットに対する酷い弾圧に怒り、抗議活動を行って非難している。タイのTV番組では、日蓮宗とタイの団体が中国に抗議運動を行っている様子が映された。

団体の公式ホームページ

関連記事

親記事

チベット ちべっと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「フリーチベット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2252

コメント