ピクシブ百科事典

ブランド・フリーズ

ぶらんどふりーず

ブランド・フリーズとは、「SDガンダムGジェネレーション」シリーズに登場するキャラクターの1人である(メイン画像の中心の人物)。
目次[非表示]

「口惜しいけど…アタシ男なのね」

概要

 Gジェネレーションのオリジナルキャラクター。
 GジェネレーションFの時は塩沢兼人氏が演じていたが、逝去して以降は藤田圭宣氏→津田健次郎氏が演じている。

 紫のロングヘアで、前髪はリーゼントオールバックの中間めいた形に整え、紫のルージュを唇に塗る。
 目付きが鋭い中年女性で、正にお局様……のように着飾った女装家=男性である。
 その外見通りにオネェ言葉を使うが、PS時代はまだ高圧的な女性めいた言動であり、外見以外はまだマトモだった。

 だが、OWで復活して以降は

 ・同性を好み狙う
 ・射撃の腕前にも優れ、その犠牲者は敵・味方問わずに後を絶たない為、ハンターと恐れられている

 等、色々と物騒な設定が追加される。
 そして、遂には「もうガマンできない……頂きま~す!」や「手取り足取り腰取りサポートしてあげるわ」等の、公式が病気レヴェルの危険発言を乱用する、ヤバいキャラクターへと変貌した
 3代目の津田氏の怪演も相俟って、その存在感は最早ドク・ダームに匹敵するモノと化している

 戦闘経験も豊富で、戦隊指揮もお手の物。

戦闘面

 射撃・指揮がそろって高い為、艦長職が落ち着く。
 又、PS規格では先天的なニュータイプではないものの、覚醒させるか強化させれば、相応のNTLとなるのでファンネル機体との相性も良い。
 部隊のリーダーも任せられるが、エリス・クロードマーク・ギルダー程、魅力が高くないので注意が必要。
 あるいは高い通信技能を活かし、オペレーターを勤めさせるのもあり。

 クロスレイズではクルー能力が全体的に劣化し、MSパイロットのほぼ一択になっている。
 回避能力はフローレンス・キリシマに匹敵し、次いで射撃も伸びるが、それ以外はややパッとしないのが現実。
 一級品のパイロットがそろうと、運用にはが求められる

関連タグ

Gジェネレーション
Gジェネレーションオリジナルキャラクター一覧
オカマ
エレオノーラ・マクガバン (広義の)ガンダム作品に登場する女装家繋がり

関連記事

親記事

Gジェネレーションオリジナルキャラクター一覧 じーじぇねれーしょんおりじなるきゃらくたーいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ブランド・フリーズ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ブランド・フリーズ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 273

コメント