ピクシブ百科事典

ヘカトンケイル(ファントム)

へかとんけいる

ここでは仮面ライダーウィザードに登場するヘカトンケイルについて解説する。
目次[非表示]

概要

仮面ライダーウィザード』第16話「クリスマスの奇跡」に登場。
6本の腕を持ち、甲冑を纏った姿をした巨大ファントム

圧倒的なパワーと6本の腕それぞれに持った武器で目に映るもの全てを破壊しようとする存在で、巨体を支える身体は極めて頑丈となっており、例え頭部を破壊されても戦い続けようとするとされる。

“つばめ園”へのプレゼントフェニックスに燃やされた事を切っ掛けに絶望のどん底へと叩き落とされた達郎のアンダーワールド内に誕生すると、現実世界で実体化する為に彼の精神世界内で暴れ回る。

達郎を救うためにアンダーワールド内へと突入したウィザードと交戦し、激戦を展開。
ウィンガーウィザードラゴン・ストライクフェーズを右足に合体して放った『ストライクエンド』に対抗するも、最後は押し負け直撃を喰らい爆散した。

余談

モチーフはギリシャ神話に登場するヘカトンケイル

関連項目

ファントム(仮面ライダーウィザード) ヘカトンケイル 仮面ライダーウィザード

コメント