ピクシブ百科事典

ヘクター(COCO)

へくたー

ピクサー・アニメーション・スタジオ製作のアニメーション映画、「リメンバー・ミー」(原題:COCO)の登場人物、もう一人の主人公。
目次[非表示]

概要

声-原語版:ガエル・ガルシア・ベルナル/吹き替え版:藤木直人

ミゲルの冒険の相棒。陽気だけど孤独なガイコツ。
誕生日は11月30日。享年21歳。身長170cm。
離れてしまった家族にもう一度会いたいと願っている。

人情味があって気さくな男。
死者の国に迷い込んできたミゲルと出会い、ミゲルに“ある願い”を託そうと考える。

容姿

ボロボロの服装で、靴等は履いておらず裸足。
体のあちこちが脆くなっており、一部をガムテープらしきもので補強している。
(作中の「死者の国」における死者は生者の国の人々の記憶から忘れ去られていくと「二度目の死」という消滅に向かって弱体化していくため。)

Hector



そして変装が得意で、作中でフリーダ・カーロに扮した女装を度々披露し、出国審査の機械判定を除いては基本的に見破られないクオリティの高さを見せつけている。(小説版では女装した初登場シーンで「オシャレな服を着た女性」と表現されていた。)

生前は困り眉が特徴の端正な顔立ちの青年で、ミゲルに写真を渡した際に「ハンサムだろ?」と得意げに述べている。なお、一本だけある金歯はこの頃から。

COCO まとめ 2





関連タグ

COCO  リメンバー・ミー  骸骨  スケルトン  ミゲル・リヴェラ

ネタバレ







以下ネタバレ










彼は度々エルネスト・デラクルスの友人(師弟関係)を自称していたが、ミュージシャンを「くだらない」と言っていたり等の彼の振る舞いの印象もあってか疑わしいものだった。
が、二人が対面した時それが事実である事が判明した。
しかし、その直後それ以上に衝撃的な事実が発覚する。


デラクルスが発表していた曲はヘクターが作詞作曲したもので、デラクルスはそれを自分の曲として発表していた。

それに関してはヘクターは責める気はもう無かったが、問題はここからだった。

そもそもデラクルスが単独で活動していたのはヘクターが先に死んでしまったから。


かつて彼はデラクルスと共に故郷を出て(ヘクター21歳の時にデラクルスは25歳の4歳差。)コンビを組み活動していたが、ヘクターは家族を置いていったことに罪悪感を持ち、故郷に帰ることを望んだ。

デラクルスは彼と共に活動することを望んだが、彼は止まらなかった。
それを聞いたデラクルスは、「せめて最後に乾杯してくれ」と望む。
ヘクターはそれを承知し、乾杯した。 

Remember me


そして、気が付くと、彼は死んでいた。

デラクルスは自分の人生を映画化しており、立ち位置を逆にして自分がヘクターにやった事も映像化していた。

ヘクターは毒で腹痛を起こしてる最中、デラクルスに「チョリソーに当たったんじゃないか?」と言われ、それをずっと信じ、自分は運が悪かっただけだと思っていたが、彼はデラクルスによって殺害されていたのである。
この時のデラクルスの心境を、「I Love My Family!(ミゲル視点で映画本編の状況を綴った洋書)」にて、ミゲルは「ヘクターが自分を置いていこうとしたから怒って毒を盛った」と解釈している。あくまでミゲルの推測なので真相は不明。

つまり、彼はデラクルスに命も、家族にだけ聴かせるつもりでいた音楽も、何もかも全て奪われたのである。


ミゲル共々洞窟の泉(モデルはセノーテの泉)の中に放り込まれた後、自身の事を話す。
彼には娘がいて、ずっと会いたがっていたが、ずっと会えずにいた。

その娘こそが、ミゲルの曾祖母、ココであった。

彼の本名はヘクター・リヴェラ
顔のわからなかったミゲルの高祖父だった。

ミゲルが所持していた父親の顔だけが無い家族写真を見て、その事が発覚した。

彼がデラクルスと同じギターを持っていたのは、元々このギターはヘクターの物であったため。


関連イラスト

練習
coco


関連タグ

音楽

pixivに投稿された作品 pixivで「ヘクター(COCO)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 72173

コメント