ピクシブ百科事典

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ

へどうぃぐあんどあんぐりーいんち

オフ・ブロードウェイで上演されたミュージカル、および映画作品のタイトル。
目次[非表示]

概要

オフ・ブロードウェイで上演されたミュージカル
2001年に映画化もされており、カルト的な人気を誇る。

タイトルは男性である主人公ヘドウィグが、性別適合手術を受けた際に手術が失敗し、股間男性器の名残である「怒りの1インチ(アングリー・インチ)」が残されてしまったことから。

原作脚本監督ヘドウィグ役を全てこなしているのは、ジョン・キャメロン・ミッチェルである。
吹き替えはヘドウィグ:檀臣幸、トミー:石田彰、イツハク:高乃麗
日本では2007年三上博史が、2009年山本耕史が、2012年森山未來が「ヘドウィグ」を演じている。

物語

旧東ドイツ生まれのヘドウィグが、幼い頃に母から聞いたプラトンの「愛の起原」にあるような「自分のかたわれ」(=愛)を探し求め、性転換ロック・シンガーとして全米各地を巡る物語。
ある時ロックスターに憧れる17歳の少年トミーと出会い、彼に全ての教育を施し愛するが、股間の「怒りの1インチ」がトミーにバレてしまう。
ヘドウィグを捨てたトミーは、彼女が書いた曲を盗んで大ヒットを飛ばし、人気絶頂のロックスターへと上り詰めていく。
ヘドウィグは自分のバンド「アングリー・インチ」を率いて、トミーの全米コンサートを追いかけながら巡業し、愛を捜し求めていく。
そして最後にヘドウィグを救ったものは…。

関連タグ

舞台 ブロードウェイ ミュージカル ロック 映画
性転換 LGBT

pixivに投稿された作品 pixivで「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1580

コメント