ピクシブ百科事典

ペリリュー神社

ぺりりゅーじんじゃ

ペリリュー神社とは、パラオ諸島の小島ペリリュー島に建立されている神社である。

概要

東南アジアまたはオセアニアに位置するパラオ共和国の小島『ペリリュー島』に存在する神社であり、天照大神とペリリュー島の戦い(ペリリューの戦い)で戦死した日本兵・軍属の英霊祭神として祀っている。『南興神社』とも言われる。

パリ講和会議以降、日本が委任統治をが行っていた時代の1934年に、現地のパラオ人達の協力もあって建立され、日本人を含む現地住民が島の繁栄を祈願してきた。

戦後アメリカによって、他の神社(南洋神社など)と共に一度破壊されたが、1982年5月には『青年神職南洋群島慰霊巡拝団』(清流社会長・滑川裕二氏主催)20名が、舩坂弘氏の助力を得て再建した。

現在、1953年から2003年までに約7600名の遺骨が収集され、日本の遺族会などの各団体によって30数基の慰霊碑が建立されており、特に1970年には佐藤栄作首相とペリリュー島酋長の間で慰霊碑の建設とその後の供養に関して覚書を交わし、日本政府から1万ドルが交付され、1972年に島の墓苑に慰霊塔『みたま』(納骨堂併設)も建設された。

また、アメリカ海軍チェスター・ニミッツ元帥による石碑が存在し、日本語英語の2文がに記されている。

Tourists from every country who visit this island should be told how courageous and patriotic were the Japanese soldiers who all died defending this island.

この島を訪れる、もろもろの国の旅人たちよ。あなたが日本の国を通過することあらば伝えてほしい。此の島を死んで守った日本軍守備隊の勇気と祖国を憶うその心根を……

関連タグ

日本 パラオ 神社
神道 天照大神
日本軍 親日
アメリカ軍

pixivに投稿された作品 pixivで「ペリリュー神社」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 37891

コメント