ピクシブ百科事典

目次[非表示]

ご安心ください。きっと、私は敵ではありません……
とりあえず、いまのところは__かもしれませんけど

プロフィール

身長不明
スリーサイズ不明
性別
所属なし
属性精神
イラスト葵渚
CV蒼桐かこ


概要

対魔忍の抗争に敗れ、里を追われた一族の娘。
争いに敗れた両親は彼女を連れて逃走したが、井河一族に追われて死に、一人娘の彼女だけが
辛うじて生き延びた。両親が殺されたことをきっかけで能力に覚醒。
討伐に来た対魔忍は両親の能力への対策を練っていたが、彼女はその想定を大きく超える能力で彼らを
魅了すると、一人を残して自殺させ、残した一人には討伐を達成したと思い込ませて逃げ延びたのであった。
それから彼女は本名を隠して闇の世界に入り、情報屋や暗殺者として活躍。『雪の魔娼』として
その名を轟かせている。独学で修めた二刀流小太刀の剣術を使いこなし、現在は、情報収集と暗殺を生業にしているが、情報屋をメインに活動している。
過去の因縁からか対魔忍からの依頼をあまり受けず、接触も避けている。
ふうま家現当主であるふうま小太郎は特別らしく、気分が良ければ無償で依頼を承ってくれる様子。
情報屋を生業としている為、極めて冷静な性格をしているが、ミミズが苦手という乙女らしい一面も持っている。

本編

チャプター21にて初登場。
自分の邪眼を取り除く為に、魔科医桐生美琴を探してる最中に金崎銃兵衛と遭遇、軽いナンパを受け流しつつ、ラストにて美琴と対面した。
この時はふうまと面識がなく目抜けの評価しか知らない感じではあったが、回想では一変してふうま関係に対して非常に詳しい一面が強調されている。

井河一族と敵対関係であった事や邪眼も考えてふうま一族の関係者ではないのかと言われている。
なお、ふうまや一族と関わり深い銃兵衛や同世代と思われる鉄華院カヲルは彼女を知らない様子(マスクで素顔がわからないのもあるが)
回想ではふうまに対して強い興味を抱き、助けの気配がない場合は危険を冒してでも救助して彼を治療している。
復讐の為に利用しようと画策しているのか、邪眼を治す為に接触しているのか詳しい事は不明。

魅眼

目があった相手を魅了し数分間手駒にできる邪眼の一種。
親も同じ力を持っていたが、彼女の能力はそれ以上に強力な邪眼で、魔族でも支配に抗えないらがえない。だがら本人も制御もできておらず、眼の能力は本人の意思にかかわらず常時発動。その為、普段はアイマスクで隠している。
肉体への反動も大きいようで、長年の酷使によって能力を発動するたびに激痛に苛まれるようになっている。本人もこの力を病と評しており、戦いに使うのを極力避け、邪眼を取り除く為に情報屋を営んでいる背景がある。
 

余談

担当絵師である葵渚が言うには鬼崎きららスウ・ジンレイと違って久々の指定発注キャラらしく、本人もどんなキャラか把握していないらしい。

あまりにビジュアルが某アンドロイドにそっくりな事が公開時に話題になっていた。

関連タグ

対魔忍RPG 対魔忍
ふうま小太郎 桐生美琴 金崎銃兵衛

関連記事

親記事

対魔忍RPG たいまにんあーるぴーじー

兄弟記事

コメント