ピクシブ百科事典

ルドガー・ゴドウィン

るどがーごどうぃん

ルドガー・ゴドウィンとは遊戯王5D'sの登場人物である。声優は武虎
目次[非表示]

概要

CV:武虎
治安維持局長官レクス・ゴドウィンの実兄であり、またダークシグナー編のキーパーソンである。
蜘蛛の痣」を持つダークシグナーであり、痣の脚を使うことで普通の人間を仮のダークシグナーとして操ることができる。さらに幻術でその仮のダークシグナーを自らの姿に偽装することができる。
一貫して冷酷非道な性格であったが、あくまでこれは冥界の王の意思によるものであるらしく、レクスとのデュエルでは自らの意思をはっきりと告げている。

生まれながら左腕にシグナーの痣があり、17年前にかつてレクスと共に不動博士と旧モーメントの研究を行っていたが、プロジェクトの中止を考えた不動博士の代わりに、スポンサーなどの後押しから不本意ながら開発を続行していた。モーメント起動が原因とされる異常気象の調査のためにナスカを訪れた際にイリアステルを名乗る謎の男から接触を受けた事で自分がシグナーである事を知り、冥界から悪の思念がモーメントを通して流れ込んできた事で意識が心身共に邪悪に侵食されていく。モーメントを介して自らの運命を知った後、モーメントの力を見届けるべく自らの左腕を切り離し、弟のレクスに「いつかシグナーを集結させて、邪悪に染まった私を倒せ」との頼みと共に左腕を託した後、モーメントを暴走させてゼロリバースを引き起こす。

旧モーメントにおける遊星とのデュエルにて地縛神Uruを破壊された事で遊星とのデュエルに敗北した後、ルドガーは消滅する間際に遊星に「冥界の王」の存在を告げた。そして、消滅寸前に吊り橋を爆破し、遊星をモーメントに突き落とした。

最終決戦の際は邪念から開放された意識をレクスに飛ばし続けることで彼の計画を阻止し遊星の手助けをしていた。
決着がついてからはレクスと共に戦いの犠牲となり、世界の行く末を見守り続けることで5000年周期で訪れる悪夢の輪廻を断絶させた。
彼らが犠牲になることによって、他のダークシグナー達は蘇ることができた。

その後も何度か回想シーンなどで登場するのだが、邪心に魅入られた時の目に黒い光が放たれ苦悶するシーンであるため、やや扱いが不遇である。

目からビーム


↑俗にいう目からビームである。

タッグフォースにおいて

タッグフォース4での彼のパートナーイベントはかなりの鬱シナリオであり、トラウマとなった人も多いのではないだろうか。

タッグフォース6でのパートナーイベントではなぜかダークシグナーの状態で復活。他のダークシグナーやコナミ君と共にシグナーを「冥界の王」復活の生け贄とすべく奔走するが…?

また、タッグフォース4・6両作品において他のキャラクターのパートナーイベントクリアを出現条件とする隠しキャラの中では最も出現条件が難しいキャラでもある。

使用デッキ

地縛神Uru」とダークシンクロモンスター「地底のアラクネー」を主軸にスパイダーと名のついた昆虫族モンスターで構成されたデッキを用いる。

超アホ毛ツインズ



関連イラスト

ドラゴンヘッドは語りかける
神々の地にて


まだ見ぬシグナーたちへ
対称性の破れ




関連タグ

遊戯王5D's レクス・ゴドウィン 不動博士 ダークシグナー 目からビーム

pixivに投稿された作品 pixivで「ルドガー・ゴドウィン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 44365

コメント