ピクシブ百科事典

レナ(グラブル)

れな

レナとは、Cygamesが提供しているスマホ用ゲーム「グランブルーファンタジー」に登場するキャラクター。[花創の術師]レナ。
目次[非表示]

概要

レアリティSSR
属性
タイプ回復
種族ヒューマン
CV能登麻美子


花の魔法を使う女性術師。乾きの島と呼ばれる、草木の生えない地の出身。
自身が望んで得た力の代償として背負ってしまった重荷の手がかりを得るべく、花を売りながら旅を続けていた。
ある街でお客としてルリア主人公たちと出会い、彼(彼女)の提案を受けて一向に加わる。
その後、ルリアの願いでグランサイファーを花で飾り付けた。

ガチャでSSR武器『ファラウェイ』を手に入れると仲間になる。

奥義アビリティサポートアビリティ
ル・ジャルダン・デ・フルール(ル・アンフェー・デ・フルール)ミストラルブーケ / ルネサンス / エスポワール / ヌ・ムブリエ・パ魔生花の楔 / 寄生木

容姿

ウェーブのかかった、すみれ色の髪をしたお姉さん。
グラフィックでは見辛いが髪は後ろで一つにまとめられ、ティアラをしている。
宝珠の付いた大きなとんがり帽子に、不自然なほどにゆったりとした衣装を身に纏う。
その姿は、彼女そのものが大きな花であるかのような印象を漂わせる。

しかしその体は、魔法で花を咲かせ続けなければ樹木と化してしまう呪いに侵されており、実際に腕からは木の枝が生えてしまっている。
前述の不自然なほどにゆったりした服装も、これをカモフラージュする意図が含まれているのかもしれない。

手にする杖はランタンのようなものが付いており、動きに合わせていくつもの美しい花が舞い踊る。

性格

暗い過去や過酷な運命とは裏腹に、誰かを幸せにすることが幸せと言わんばかりの慈愛に満ちた性格。また、荒くれ者同士の喧嘩すら仲直りで解決させようとするほど温厚。
そのため、いつも優しく穏やかに振舞っており、ふんわりぽわぽわした雰囲気を醸し出している。あまりにゆったりしすぎて天然さんっぽい面も。

純粋な想いから得た力とその代償による『樹木化』の運命に当初こそ怒り、悲しみ、悔やんだが、「いずれ来る運命。だからこそ1つでも多くの幸せとともにありたい」と持ち直すなど、メンタル面は相当なもの。
今日も見知らぬ誰かのため、幸せの花を咲かせます。

性能

回復キャラのなかでも屈指の性能をもち、最高峰と目された1人。
アビリティはミストラルブーケ(全体ダメージ+毒付与)、ルネサンス(味方全員のHP回復+味方に再生効果)付与、エスポワール(味方全員の弱体効果を一つ回復する)の3つ。
特にエスポワールは3ターンごとに使用可能と圧倒的な速さを誇り、彼女一番の強みとなっている。
火属性不利な点を除けば優秀な回復役なので、耐久戦・長期戦を行う際には是非連れて行きたい。

最終上限解放を行うと奥義「ル・ジャルダン・デ・フルール」が「ル・アンフェー・デ・フルール」に強化され、魔生花付与の効果が追加される。この魔生花自体に効果はないが最大2層まで重ねて掛ける事はでき、これによってレナの奥義ダメージと上限を強化する事ができる。ただし、魔生花効果は個人タイプ(他の参加者は見えない)ので自力で重ねる必要はある。また、効果自体に有効時間はないものの、敵が自身の弱体効果を回復すると消える可能性もある為要注意。
また、新たにサポートアビリティ「寄生木」が習得し、毒状態の敵に対してHP吸収効果が発生するようになる。本来ミストラルブーケによる毒状態はおまけ程度にしかなかったが、レナが寄生木を習得するとHP吸収のトリガーとして働くようになる。リミットボーナスなどを振れば毎ターンHP800回復できるようになる。

さらに鍛えるとルネサンスも++に強化されるが、その内容は「回復の上限を上げ、再生効果が活性効果になり、さらにクリア効果を追加する」と頭おかしい効果になる。クリア効果を持つアビリティを2個所持するのはレナと回復号令Lv3以上でのリーシャだけ。これによって殆どの場合での弱体効果を解除できるようになるので、弱体効果を多用するゼノ・ウォフマナフ撃滅戦などでは大変重宝されている。総回復量は3500、リミットボーナス次第で4700に上がる。
※現在はマウント持ちのティアマトがいるものの、当時の風属性に主人公以外のマウント役はない。そのためレナ、リミテッド版リーシャ(両方クリア持ち、リーシャで回復号令Lv5の場合マウントも発生する)、セージのどれかを持ってると非常に楽になる。

Lv100まで鍛えフェイトエピソードをクリアすると第4アビリティ「ヌ・ムブリエ・パ」を習得。リキャストは20ターンと極端に長いものの、倒れた味方1人を指定して完全に復活させる事ができるので非常に強力。
※2018年6月時点で復活付与の関連効果を持ってるキャラはレナ(Lv100必要)、SSR版ソフィア(確率で失敗、成功の場合は50%HPで復活)、フュンフ(復活関連2個持ちだが十天衆で取得まで手間が掛かる、2個目は最終上限解放必要の上に性質上先に倒れた方は復活できない)で3人のみ。
石の場合はカグヤ(メイン装備で戦闘開始時、パーティ全員に自動復活バフを付与)、ツクヨミ(召喚効果で稀に闇属性キャラに自動復活付与)、オケアノス(確率で復活)、ジャッジメント(風属性キャラのみ、かつ効果ターン終了時再び戦闘不能になる)とエウロペ(ランダムで2人を選択して復活、ただし再召喚不可)がある。

ちなみにあまりにも強い回復性能の為レナだけでなく他のメンバーも死ににくい為背水配置との相性はイマイチだったが、風のマグナ編成に渾身が追加されてからはHP維持の鍵となった。
また、リミットボーナスを投資すれば弱体効果(特にアビリティ封印)に対する耐性も得られるようになる為、いざという時にレナのアビリティが封印されてクリアが使えない!という状況も防げる事ができる。

魔生花

蜜のない、薄い魔力の膜が宿って枯れることのない花。
ある島にのみ存在する樹木の実を呑んだ者が咲かせることができる。
前述したように蜜こそないが、一部の魔物を誘引する能力をもつ。
そのため、場所や咲かせる規模次第ではトラブルを引き起こしてしまうことも。

関連タグ

グランブルーファンタジー グランブルーファンタジーの登場人物一覧
グラブル

ガウェイン(グラブル)…同じグラブル主人公の騎空団に入団する風のSSRキャラで、レナとは方向性が違うが半恒常的な呪いに悩まされている斧使いの騎士。クロスフェイトでは呪われ者同士、互いの身の上や相手のことについて語り合う




















ネタバレ

咲かせ続けねばその身を樹木へと変え、咲かせ手へ魔物をいざなう決して枯れない花―――魔生花。
その正体は「人果蔵器」という、覇空戦争時代から生きる巨木の魔物が魔力を収穫するための代物。
魔物を誘い寄せるのは、魔力を帯びた花を回収させるため。

じつは、たとえ毎日のように大量の花を咲かせ続けていようと、体の樹木化が止まることはない。
それどころか、魔生花を咲かせ続けるほどに咲かせ手=苗床の魔力を増加していく。
そしてその魔力が、苗床の魔力の限界まで高まったとき、苗床は完全な樹木化を迎える。

ただし完全な樹木化に至る過程でも多少の差異はあり、急激にその場で樹木化する場合と、人果蔵器にいざなわれてから樹木化する場合がある模様。
前者は魔物に食べられるとされ、後者は人果蔵器に直接摂取されるらしい。
また必ずしも樹木化するとは限らず、レナの場合は(実を2つ摂取した関係か)大量の魔生花となってしまった。

花になった後、彼女は人果蔵器により、「主を守るための存在」として再構築されたことで復活。
辛い過去の記憶をフラッシュバックさせて制御しようとする人果蔵器の命令を跳ね除け、逆にそのパワーアップした魔力で倒してしまう。
結果、苗床から守護者へ役割を替えられた状態で人果蔵器を倒したことで、樹木化を除去・オミットされた。
「あの方」の見立てでは魔物として生成されたようだが、本人は解呪の喜びや過去は昔に克服していることから気に留めてはいない。
誰かの幸せのために花を咲かせられるなら、些細なことだと。

pixivに投稿された作品 pixivで「レナ(グラブル)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 443151

コメント