2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ロイド・ベラドンナ

ろいどべらどんな

ロイド・ベラドンナとは、ライトノベル「たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語(略してラスダン少年)」の主人公である。
目次[非表示]

CV:花守ゆみり

概要

『たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語』(略してラスダン少年)の主人公軍人になることを目指してコンロン村から出て来た少年。アザミ王国のマリー宅で居候し、その後紆余曲折あって候補生として士官学校に入る。
素直でお人好し、家事上手な反面、「故郷で一番弱い」と言われ続けていたため、自己評価が恐ろしく低い。
だが、英雄の子孫揃いかつラストダンジョン手前の魔境で生まれ育ったコンロン村の住民は総じてチート級の身体能力と魔力を有しており、その基準から見れば弱いというだけで、他の土地に行けば十分チート級の強さである。だが、当人は故郷の価値観が基準になっているため自分の凄さに一切気づかない。

以下、彼のチートスペック非常識の例。

  • 村から王都まで汽車などを使って6日ほどかかる距離を走って6日で辿り着く。
  • 骨折したとしても約3時間放置するだけで自然治癒する。
  • 普通の動植物とモンスターの区別がつかず(トレント=木、王都に出現する巨大イナゴ=生ゴミにたかる害虫、など)、モンスターはみんな童話に出てくる魔王のようなものと認識している。そのため騒動が起こっても、その大半が彼にとって日常的な出来事でしかないため、自分が活躍したことすら気付かない。
  • 詠唱を噛んだ超初級魔法が大魔法レベルの威力を発揮して相手を瞬殺する(本人と周囲の大半は相手が魔法制御失敗により自滅したと誤解した)。
etc.

これだけやって当人が何も気づかないことに対し、周囲はツッコミを入れつつ実力を気付かせようと試みているが「弱い自分を慰めている」と受け取るため毎度失敗している。付き合いの長い者は諦め、それどころか各々の私欲のためにロイドの無知を利用することもある。
ただし、「人間社会における問題にコンロンの住民を巻き込まない」という村の掟があるため、マリーは(アルカのお仕置きが怖いこともあって)内乱や国際問題にロイドを巻き込まないよう配慮している。

能力

素手のパワーや身のこなしは、現役軍人が一目見ただけで怪物クラスと認めるほど。自分の数倍の体躯を持つモンスターでさえも軽々放り投げて倒してしまう。仲間内でまともに組手ができるのはフィロ程度。

魔法については、世間一般から忘れられ、扱える者もほとんどいないとされる「古代ルーン文字」を標準で扱える(コンロンでは常識)。
反面、知識のない人物にとっては単なる落書きにしか見えないため、士官学校の筆記試験で使った際にはこれが災いして不合格になった。

  • 解呪
ロイドが最も使用する魔法。あらゆる呪いを簡単に打ち消してしまう。
マリーがアルカに師事して3年がかりで会得した高難度魔法だが、ロイドの場合は布に付与して掃除や汚れ落としという、本来とは明らかに違う用途に使っている。しかし、知らないうちにセレンの「ベルトの呪い」を解き、アザミ国王に憑依していた魔王を浄化してしまった。

  • を降らせる魔法
こちらも古代ルーン文字を用いた魔法。紙等に記したものを空に飛ばして数分後、雨が降り出す。当然ながら世間では規格外の魔法だが、ロイド本人は「自分にはこの程度しかできない」と思っている。

  • エアロ
風の超初級魔法。詠唱により発動するが、訓練や試合などでの緊張ゆえに詠唱がカミカミになって「エアりょ」と発音してしまう。
...のだが、そんな不完全な詠唱であっても巨大な魔法陣と共に初級呪文とは思えないほどの突風が発生する。
なお、単に高威力というだけであり、細かい加減には難がある。
訓練では他に「フレイム」(火の超初級魔法)、雷と水の超初級魔法も習ったが、的を外して倉庫を吹っ飛ばす、的を粉々にするなど人を殺しかねない威力を出したため、使用を止められている。

余談

名前の由来はオオカミナスビと呼ばれる植物のベラドンナからと思われる。ベラドンナの根茎や根はである「ベラドンナコン」として日本薬局方にも記されているが、アルカロイド系のを含むため素人が手を出してはならない危険な代物である。ちなみに村長のアルカと合わせると「アルカロイド」となる。
最終巻によるとベラドンナ総アルカロイドという成分名からとのこと。

関連タグ

ラスダン少年
ベラドンナ アルカロイド
主人公 落ちこぼれ チート無自覚チート) ルーン文字 ピュア 天然ボケ
ショタ 筋ショタ

セト…中の人が同じでファンタジー作品の主人公であるといったロイドと同じ繋がりを持つ。
大木大樹 虎杖悠仁…並大抵の人間より全く異なる身体能力を持つキャラ繋がり。







ネタバレ注意

最終巻ではなんとコンロン村の出身ではあるが、彼らと血縁もない捨て子であったことが判明する。

関連記事

親記事

ラスダン少年 らすだんしょうねん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ロイド・ベラドンナ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 196458

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました