ピクシブ百科事典

世宗大王(イージス艦)

せじょんだいおう

韓国海軍が導入したイージス艦「セジョン(世宗)大王」級のネームシップ。
目次[非表示]

概要

本艦は韓国海軍が運用しているイージス駆逐艦で、ヒュンダイ(現代)重工業で建造され、2007年5月25日に進水、2008年12月22日に竣工した。現在、プサン基地を定係港にしている。
本艦の設計は、米軍のアーレイ・バーク級駆逐艦フライトⅡAをタイプシップとしているため、よく似た外形をしながらも、国産VLSの追加搭載などによる設計変更が行われており、艦体長はアーレイ・バーク級より一回り長くなり、海上自衛隊あたご型護衛艦とほぼ同サイズである(幅は全艦とも同じ)。
また武器システムは日米のイージス艦に比べて重武装化され、VLSのセルが128セルもある点が特徴である。
なおセジョン大王級は、本艦「DDG-991 セジョン大王」のほかに「DDG-992 ユルゴク・イ・イ」「DDG-993 ソエ・ユ・ソンリョン」、計3隻が建造されている。

本艦の稼働にともない、大韓民国は米国、日本、スペイン王国、ノルウェイ王国に続き世界で5番目のイージス艦導入国となった。

排水量:10,290t(満載)
全長:165.9m  全幅:21.4m  吃水:6.25m
機関:COGAG方式、LM2500ガスタービンエンジン(26,250bhp)4基、推進器:2軸
電力:ロールス・ロイスAG9140RFガスタービン発電機(3,000 kW)3基
速力:最大:30ノット以上  巡航:16ノット  航続距離:5,500海里(20ノット)
乗員:300人以上

兵装
・Mk.45 mod.4 62口径5インチ単装砲:1基
・「ゴールキーパー」30mmCIWS:1基
・Mk.41 VLS (48+32セル):2基
(国産艦対艦ミサイル「ヘソン(海星)」を発射可能)
・国産VLS (48セル):1基
(艦対地巡航ミサイル「チョンリョン(天龍)」: 32発、艦対潜ミサイル「ホンサンオ(紅鮫)」: 16発を発射可能)
・Mk.49 21連装近SAM発射機:1基
・SSM-700K SSM4連装発射筒:4基
・Mk 32 3連装短魚雷発射管:(Mk 46 324mm対潜短魚雷) 2基

セジョン大王級はVLSの多さから世界最強の軍艦と呼ばれるが、1隻に多数の要素を詰め込んだ重武装艦となっている事から、アーレイ・バーク級やあたご型と比べ設計にゆとりがないきらいがある。加えて、予算不足のためミサイルは半分しか搭載できておらず、また韓国メディアでは運用維持及び補修などに必要な予算確保などの問題があるとの指摘もあるという。

日韓イージス艦の競演

本艦は2010年に、環太平洋合同演習リムパックに初参加した。このとき海自からはイージス艦の「あたご」が汎用護衛艦「あけぼの」をともない参加、同時期に竣工就役した日韓イージス艦が競演したことでも話題を呼んだ。
この帰国途上の8月12日、宮城県金華山沖東方約880キロで水兵1人が胃出血を起こし、韓国大使館経由で日本政府に救助を要請した。水兵は海自の救難飛行艇US-1により救助されている。

2012年には朝鮮民主主義人民共和国によるミサイル発射実験に対応して同型艦2隻とともに出動した。案の定ミサイルは放たれ、本艦はファンヘ(黄海)上空を飛翔するミサイルの軌跡を探知、ピョンサン(辺山)半島の西方約160kmの海上でミサイルの残骸を発見した。ミサイルの残骸は潜水艦救難艦により回収されている。
このミサイル発射実験は、海自でも「こんごう」「ちょうかい」といったイージス艦が出動、対応にあたっている。

関連タグ

イージス艦 あたご型 アーレイ・バーク級

pixivに投稿された作品 pixivで「世宗大王(イージス艦)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3245

コメント