ピクシブ百科事典

京三分割型灯器

きょうさんぶんかつがたとうき

京三製作所の最初のアルミ灯器。
目次[非表示]

概要

京三製作所の最初のアルミ灯器。
特徴としてはねじ止めが2本、背面が平らで野球ホームベースの形状になっている事が上げられる。
ブツブツレンズブロンズレンズレモンレンズの3種類が存在している。

主に神奈川県埼玉県岐阜県京都府大阪府香川県などで見かける事が出来、
新潟県福井県富山県などでは縦型仕様も見られる。

埼玉県秋田県など、25cmレンズを採用している地域は引き続き25㎝レンズが使用された。

その一方で丸形も並行して作られた為、愛知県石川県兵庫県などの樹脂灯器採用県の多くや、東京都群馬県栃木県等では採用されず、
そのままカマボコ型に移行したケースもある。

スフェリカルレンズは基本的に作られていなかったが、東京都の立川駅周辺に1機のみ存在した。
現在はLED化により撤去されている。

OEM

松下通信工業やオムロンなど、後発メーカーは京三製の筐体を使用している事がある。
三協製の蛇の目レンズを使用した本機はOEMでしか見れない。

関連タグ

京三製作所 京三カマボコ

pixivに投稿された作品 pixivで「京三分割型灯器」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 165

コメント