ピクシブ百科事典

人民服

じんみんふく

人民服は民族衣装のひとつで、かつての中華人民共和国での標準服。

概要

この服装は、日本の軍人で孫文の側近であった佐々木到一によって考案された。
主に絹製で濃紺や黒の色彩の「中山服」は中華民国で正装として用いられたが、1950年代末頃には背広が広まり廃れていった。
中華人民共和国では、主に木綿製で緑系の色彩の「人民服」が1980年代初めまで男女問わず多く用いられていたが、現在は、人民服は過去のものとなり、入手困難となった。

余談

2010年の上海万博のジャパンウィークにおいて、ギャル向けの改造が施された人民服が登場した事がある。(参照
よく赤い人民服というイメージはある()が、実際にそのような人民服は作られた事はない。

pixivに投稿された作品 pixivで「人民服」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 48969

コメント