ピクシブ百科事典

八軒慎吾

はちけんしんご

漫画『銀の匙』の登場人物。

概要

CV:小西克幸

八軒勇吾にして、彼の学業コンプレックスの一因。弟と対照的に長身で体格が良い。

自由人で飄々とした風体に寄らず学業優秀であり、東京に出て国立大入試をやすやすと突破し東京大学に合格したうえ、「大したことない」の一言で済ませてしまう要領の良さを持つ。
しばらく東京大学に通っていたようだが、そもそも親の面子を立てるために受験しただけで興味が無かったらしく、初登場時点で既に無断で自主退学しており弟を愕然とさせた。

一見すると天真爛漫で人当たりも良いので馴染みやすい性格をしているが、勇吾が「話の通じない兄」と評価しているとおり、その感性自体にやや天然ボケの傾向があるため、常人の感覚とかなりズレがある。いい加減でのらりくらりしていると思えば的を射たことを言うこともあり、生き方が自分本位なことも自覚している模様。

勉学に挫折や苦労をした描写がないため、兄弟共々頭脳優秀だがこちらは要領の良い天才型の傾向がある。しかし努力を怠ることはなかったらしく、要領よく勉強するコツを何冊かノートにまとめており、八軒のクラスメイト達の学力を向上させる間接的な要因となった。かなり乱筆気味らしく勇吾は解読に手間取ったが、同じく字が汚い常盤は普通に読めたため、音読させた内容を別のノートに書き写している。

弟と同様に鋭い味覚センスを持つ一方、壊滅的に料理ができない
そのくせバイトに行ったラーメン屋の味に惚れてその店に弟子入りし、現在はラーメンの師匠に「新しい食材を探して来い」と修行にかこつけて店を追い出されてしまった。
その後、に頼まれてスーパーカブを乗り回し連絡のつかない勇吾を探して御影家を訪れ、彼と再会する。

夏祭りの時はその壊滅的な料理の腕で空腹のエゾノー生徒達を撃沈させた。以来「殺人焼きそばの人」と恐れられている。料理の段階で何か異物が混入するとかではなく、純粋にマズさだけで人を人事不省に陥らせる。さらにカップラーメンすら不味く作れてしまう
自分の料理センスのなさは一応自覚している模様。
神出鬼没であり、その後も幾度か唐突なタイミングで姿を見せては勇吾を驚かせている。

勇吾は一方的に苦手意識を持っているが兄弟仲自体は悪くはなく、慎吾も弟の好きなようにできるよう放任するのが一番と考えており、勇吾は慎吾の面倒見の良さに救われている面もある。
父親とは弟同様に相当折り合いが悪いらしく、大学を辞めた理由も父に対する「嫌がらせ」と述べている。

後に唐突に結婚した。稚内の宗谷岬で行き倒れていたところを、ロシア人女性・アレクサンドラに助けられ、彼女と意気投合してそのまま入籍。フリーダム過ぎである

結婚したのでさすがに報告せねばと正月は実家に帰省し、両親に報告。現在は札幌にアパートを借りて、妻の勧めでインターネット家庭教師の仕事を始めた(五教科を担当。妻も一緒にロシア語を教えている)。中退はしたが「東大現役合格」というブランドもあって着々と顧客が増えつつあるらしい。

関連タグ

銀の匙 八軒勇吾 八軒数正 八軒美沙子 アレクサンドラ

pixivに投稿された作品 pixivで「八軒慎吾」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 41672

コメント