ピクシブ百科事典

CV:林佑樹(ジャンプ公式ボイスコミック)

概要

松井優征のマンガ『逃げ上手の若君』の登場人物。
邦時・時行の父。物語開始時点では出家しており、僧形となっている。
長年、幕政を牛耳ってきた北条家の当主にして鎌倉幕府第14代執権

在りし日から顔に生気が無く、いつも無気力に頭を傾げて生きているか、死んでいるかも分かんない有様であり、幕政も他の御家人が代行しており実権がない。
後醍醐天皇が幕府に対して反乱を起こし、最大の実力者・足利高氏が朝廷に寝返るとなすすべなく鎌倉は落ちて多くが討たれ、高時も幕府の代表者として自刃に追い込まれた(史実では34歳)。

残された信頼できる史料からは、衰退する鎌倉幕府の長たる北条家の得宗でありながら、政務に精励せず闘犬と田楽を嗜む病弱で気概に欠ける人物ではあったらしい。NHK大河『太平記』では片岡鶴太郎が怪演し、前半部の主要人物として、視聴者に強烈な印象を残している。

関連タグ

逃げ上手の若君 北条時行(逃げ上手の若君) 足利高氏(逃げ上手の若君)
鎌倉時代 鎌倉幕府 北条高時 北条時行 足利尊氏/足利高氏

関連記事

親記事

逃げ上手の若君 にげじょうずのわかぎみ

兄弟記事

コメント