ピクシブ百科事典

目次[非表示]

曖昧さ回避

同姓同名の漫画家がいる(新世界よりアブソリュート・デュオのコミカライズを担当)⇒Wikipedia

概要

「信じてるよお前ら」
「さあ、突き放しに行こう」

プロフィール

クラス青葉城西高校3年6組
ポジションセッター(S)
誕生日7月20日
身長184.3cm
体重72.2kg
好物牛乳パン
最近の悩み烏野のマネちゃんに声かけたらガン無視された(けどきっと照れてただけだし別に全然気にしてなんかない全然別に)
CV浪川大輔


青葉城西高校バレー部主将。作中でイケメンであることが一番強調されている。
烏野 vs 青葉城西の練習試合中ピンチサーバーとして登場。
北川第一中学出身で、影山の先輩。影山は彼を見てサーブやブロックを覚えたとのこと。「影山の先輩=王様より上=大王様」ということで日向「大王様」と呼ばれる。
座右の銘は『叩くなら折れるまで。』

基本的にのらりくらりとしていて人当たりがいいようだが、 ニコニコと嫌味を言ったり人を引っかき回すことが得意で、一言で表すと"性格が悪い"。同じく性格が悪いと言われている月島以上(影山談)らしい。一方でチームの仲間に対しては全幅の信頼を寄せ、各選手の長所を理解して最大限に引き出している。
彼自身も主将兼セッターとしてチームの信頼を集めており、一言で場の空気を変えるカリスマ性を有する。普段のおちゃらけている彼と、試合中に見せるとてもシリアスな彼のギャップが凄まじい。

「超攻撃型セッター」
そのサーブは威力とスピードを兼ね備え抜群のコントロール力で打たれる厄介な代物。セッターとしての才能を持つ影山にトス回しでは敵わないが、それ以外なら自分の方が勝ると語っている。他校について調査した烏養によればおそらく総合力県内トップ
レシーブが苦手だと判断した相手に得意のサーブをガンガン狙い打ちしたり、ツーアタック、スパイクモーションからのセットなど彼の性格を表すような相手を翻弄するプレイスタイルを取る。まさに「ピンチはチャンス」とでも言うように、チームにピンチが訪れても冷静にそれを打開してくる。更に、それぞれ個性の違うスパイカー達をどう活かすかということも常に考えており、臨機応変な戦術でチームを率いている。

このように高い技術を有しているが、あくまでも「及川徹は天才ではない」
いわゆる努力型であり、作品内でのアンチ天才の代表。それゆえに"天才"にコンプレックスを抱いている様子で、かつての後輩である"天才"影山飛雄に対し、大人げない態度を取っている。
「天才ってムカつく」といった主旨の発言を何度もしている上、影山に対し正々堂々と試合で叩き潰すと宣言し、それをとても楽しみにしていた。

"天才"にコンプレックスを抱いている要因は、影山以外にも牛島の存在がある。同期であるために牛島はずっと及川たちの前に立ちふさがり、そのせいで及川は一時期荒んでいた。だがある日岩泉の言葉のおかげで吹っ切れ、中学時代最後の大会では「ベストセッター賞」を獲得した。この時の岩泉の言葉は、今のセッターとしての及川を形成しているようなもの。
一連の出来事が描かれた60話は「60話ショック」と呼ばれ、ファンの間で語り継がれている。
ちなみに岩泉とは小学校のクラブチームから共にバレーをしており、いわゆる幼馴染(原作67話にバレーを始める前から一緒に遊んでいたと思われる描写がある)。
長い付き合いもあってか、彼との連携は『阿吽の呼吸』と評されている。→ 一徹コンビ

及川にとって越えるべき"壁"である牛島だが、牛島自身は及川を優秀なセッターとして評価しており、9巻で「白鳥沢(ウチ)に来るべきだった」「どこであろうとそのチームの最大値を引き出すセッター」と称していた。
実際及川はOBのいる大学との練習試合の際、初対面だらけの大学生のチームに入ったが、ほんの数プレーで完全にチームに溶け込み、スパイカー達を使いこなしていた。

作中でイケメンであることが1番強調されているだけあって、女子の集団に囲まれたり、応援席に女子が応援しにきたりと人気が高い優男。\キャーオイカワサーン/
女子の集団に捕まっては相手をしているようで、制裁として岩泉にボールをぶつけられている。
しかし公式サイトの及川のプロフィールによれば、女子バレー部のみなさんは本当の及川を知っているため、若干他の女子とは及川への対応が違うらしい。

「猛(たける)」という甥がおり、彼に徹と呼び捨てにされている。どうやら年の離れた姉か兄がいるようだ(原作のファンブックで彼の苗字が「及川」であることが判明した為、兄である可能性が高い)。
彼曰く、最近彼女にフラレたため月曜日は暇らしい(青城排球部は毎週月曜はオフ)。
猛「カノジョにフラれたから暇だってゆったじゃん!(大声)」
及川「猛ちょっと黙ってなさい!!」
意外にも部屋は和室。低い机にパソコンを乗せ、部屋の真ん中に布団を敷いているシーンがある。漫画では高校生らしく雑誌や服で散らかっていたが、何故かアニメでは綺麗に片付けられていたやはりイケメンの部屋が散らかっているのは体裁が悪いからだろうか⋅⋅⋅⋅⋅

誕生日はかのアレキサンダー大王の生まれた日である(岩泉と対になっている)。

余談

現在ジャンプショップ等で販売中のグッズ・青城ジャージ。その予約特典として「及川ハンガー」なるものが付いていた。それがどういったものなのかは検索して頂きたいが、そのシュールさ故にファンの間でしばらくネタにされていた。しかし人の噂も七十五日、徐々に忘れられ始めていたところ、「ジャンプNEXT!!」2014年vol.2に掲載された番外編で公式でネタにされ掘り返されてしまった
及川本人は「皆そんなに羨ましがるなよ!」とハンガー化についてはポジティブ。その後、岩泉に「ハンガー野郎!」と怒鳴られたことをきっかけに「ハンガー徹」の呼び名が広まり、しまいには後輩の女子らにハーフと勘違いされるに至った。当の及川は、「"ハーフ"でも通用する俺すごい・・・!」とやっぱりポジティブ。
この番外編の注釈に『「及川ハンガー」は青城ジャージの予約特典で本当に付いていました。復活希望!!』と書かれている。

この公式、ノリノリである。
その後、絵の違い(原作絵からアニメ絵になった)があるものの、ハイキュー!!Tシャツの数量限定の購入特典のハンガーの一つとして本当に復活した。

そして遂に単行本16巻にこの番外編が収録、公式Twitterには宣伝として新たなハンガー野郎の描き下ろし漫画が掲載された。
この公式、ノリノリである。

余談2

アニメ19話で及川が歌った鼻歌はベニーランドのテーマソングだった。
ベニーランドとはハイキュー!!のご当地仙台に実際に存在する遊園地であり、東北民ならば一度は聞いたことのあるフレーズであるとのこと。

↑上記動画の1分頃
これを受けてか2014年8月18日から8月24日まで仙台で行われていた「ハイキュー!!ウィークin仙台」においてベニーランドでは及川の等身大パネルが置かれた。この期間中、ハイキューのキャラクターたちの等身大パネルが随所に置かれていたのだが、ベニーランド園長曰く及川のパネルはこの番外編として19話をきっかけに急遽ベニーランドに置かれることになったものらしい。
ちなみに「これは、原作側からの無茶なお願いで採用して頂いた部分です。原作にあった〈気の抜けた鼻歌感〉に合う鼻歌って何だろう、と考えた時、どこかパキッとしてない、ローカル感のある感じがいいなぁ、と思いまして。で、宮城のローカルCMといえば、ベニーランドさんのあのCMだろう、という事で、是非にとアニメさんにお願いさせて頂きました。多分「ハイキュー!!」の登場人物も、幼い頃はベニーランドに遊びに行っていたかもしれないですね」という経緯がある。

また、アニメ二期の6話では楽天イーグルスの球団歌を鼻歌で歌った。

関連イラスト

大王様
大王様


rainy day
|HQ| 大王様



関連項目

ハイキュー!!
青葉城西 北川第一
影山飛雄 岩泉一 牛島若利

個人タグ

個人タグ安定の及川 及川終了のお知らせ 大王様 大王様の本気 及川ハンガー
及川徹生誕祭及川徹生誕祭2013 及川徹生誕祭2014 及川徹生誕祭2015 及川徹生誕祭2016 及川徹生誕祭2017


グループタグ

一徹コンビ 青城三年生 HQ主将ズ HQセッターズ ダブルピース組 王様コンビ

関連記事

親記事

青葉城西 あおばじょうさい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「及川徹」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 115943024

コメント