ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

多摩川の河川敷をホームグラウンドとするチーム。
結成してから一度も勝利したことが無いなど江戸川ドラーズを髣髴とさせる。
当初はじゃんけんで決めたポジションだったが球えもんの意見で変更した。

メンバー

球えもん
投打両方の才能を持つがまだ発展途上。江戸川ドラーズに仮入団するもレギュラーとの実力差を痛感し自主退団した。

ポジションは変更前はファースト、変更後はピッチャー。打順は3番。背番号1。左利き。
潜水艦投法で投げるナックルボールを身に着けたが成功率が低く、たまたま投げられた技だから「タマタマ球(ボール)」と名づけられた。

そして江戸川ドラーズとの対戦にて、速くて重い新魔球・G球(グラビティボール)をあみだした。

ショウ
球えもんの親友で才能を見抜いた。ポジションは変更の前後共にキャッチャー。

権左ェ門(ゴンざえもん)
毛深い巨漢。ポジションは変更前はピッチャー、変更後はサード。
剛速球を投げるがコントロールが悪い。
投手としてのプライドが高くサードになったあとも球えもんが疲れたときには替わろうと思っている。

ジロえもん
常に左目のところだけ穴を開けた紙袋を頭にかぶっている。
選球眼があるものの打率はイマイチ。常に敬語で話す。
ポジションは変更の前後共にライト。
江戸川ドラーズとの対戦で袋を取って素顔を現した。素顔はギョロ目とデカ口でそれを馬鹿にされると思って袋をかぶっていた。

スネえもん
ひねくれた性格でしょっちゅう嫌味を言っている。
その性格ゆえかストレ-トは苦手だが変化球を打つのが得意。
ポジションは変更の前後共にショート。

ゴロえもん
無表情で無口。かなりの打撃力を持ち4番を勤めるが
腹を壊しやすくしょっちゅうトイレに籠っている。
ポジションは変更の前後共にセカンド。
何故か顔を怪我することが多い。

モジャえもん
権左ェ門同様毛深く、ギョロッとした目が特徴。
フライを捕るのが苦手で落ち込んでいたが、実は普通のキャッチはすごくうまい。
一度ファインプレーをしてみせ、それをもう一度したいために毎日夜遅くまで練習を続けている。
ポジションは変更前はレフト、変更後はファースト。

チョコえもん
子ヤギに似た顔で小柄。
ポジションは変更前はセンター、変更後はレフト。
江戸川ドラーズ戦では昔そのチームにいた選手のようなファインプレーを見せた。

タコえもん
ヒョットコに似た顔で手足が長い。語尾に「タコ」と付けるのが口癖。
ポジションは変更前はサード、変更後はセンター。
何故か第1話には未登場。

サクラ
マネージャー兼選手。

関連記事

江戸川ドラーズ ドラベース

関連記事

親記事

ドラベース どらべーすどらえもんすーぱーべーすぼーるがいでん

兄弟記事

コメント