ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

 『ドラベース』かぶと虫杯編以降に登場するロボット兵庫県出身。がかなり大きく、人間に似たイケメンドラミちゃんスズえもん同様、目は白い部分にある。

 ポジションは投手、打順は3番。かぶと虫杯1回戦でシロえもんWボールを1回見ただけでやすやすバックスタンドにブチ込み、129.3㎏のミケえもんを水平にぶっ飛ばす程の打撃を放つ好打者でもある。

 外見爽やかだが、狡猾で諦めの悪い性格で、(作中・二次創作含め)腹黒扱いされやすい。一人称は「ボク」だが気が立っているときは「オレ」。

エモル

 元は22世紀の大型航空会社『エモルエアライン』を経営する実業家ガニエの経営サポート用ロボットとして開発され、その中にインプットされていた野球データから球技に興味を持ち、草野球チーム『茜フライヤーズ』を結成した。しかしそれに不満を持ったガニエから「かぶと虫杯で優勝できなかったら一生野球をするな」と言われてしまい…。

 WABC日本代表にも当然選出され、(切り札・シロえもんを抑えとして温存するため)ポコえもんと同じ先発投手を務める。


魔球編集

トンボール編集

 空中で制止し、しばらくしてから動き出して打ち込まれるとんでもない魔球。バットが決して届かない位置で制止してから、反応不可能な速度で動き出すため、打つのは困難。ただし、静止することを除けば軌道も球速も打ちごろのストレートであるのが弱点。


赤トンボール編集

 空中制止後、様々な軌道を描いて動き出すトンボール。バント等に弱かったトンボールの弱点を克服している。

 トンボールの練習中、投げ込みすぎてオイル(血液)漏れを起こしボールが赤く染まった時に偶然この軌道を得たため赤トンボールの名が付いた。


逆トンボール編集

 軌道は赤トンボールと同じだが、打たれた後に打球が空中静止する球。静止した後はボールがそのまま地面に落ちる。


シオカラトンボール編集

 空中で制止と移動を激しく繰り返す球。軌道も大きく円を描くようになっており、芯で捉えるのは至難の業。



新ドラベース時代編集

本人ではないが、反応テストロボットの絵で登場し、ドラフト2位でタイガースに入団したことが明かされた。


関連項目編集

ドラベース

ピッチャー 黒髪 ショタ

関連記事

親記事

ドラベース どらべーす

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 40976

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました