ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

多由也

たゆや

多由也とは、漫画『NARUTO』の登場人物。大蛇丸の配下・音の四人衆の紅一点。
目次[非表示]

プロフィール

誕生日2月15日
年齢14歳
身長148cm
趣味
一人称ウチ
戦法幻術口寄せ
主な登場巻21巻~24巻
CV渡辺明乃


概要

音の四人衆音の五人衆)の紅一点。通り名は『北門の多由也』。
クナイなどは持っておらず、唯一の武器・魔笛を使用し、笛の音で物質化霊を操ったり、幻術で攻撃する。
気が強い性格でかなりの毒舌家。女性ながら非常に乱暴な言葉遣いなので、その事に対し次郎坊によく注意される。
状態2になると帽子が外れ、巨大な角が露わになる。

サスケ奪還任務では奈良シカマルと対峙。
シカマルと高度な頭脳戦を繰り広げたが、一枚上手を行ったシカマルに操り人形を全て奪われ、自身も影縛りの術でホールドアップされそうになる…が、土壇場で状態2を解放し、強引な力技で影縛りを無理やり押し戻し始め、一転してシカマルに対して有利に立つ。

そのままシカマルのチャクラ切れで勝負ありかと思われた所で、木ノ葉の助っ人としての忍のテマリが乱入する。
大規模な風遁使いのテマリに対しては多由也の音の幻術はあまりにも相性が悪く、「口寄せ・斬り斬り舞」の術の一発で根こそぎ吹き飛ばされ、大樹の下敷きになり敗北。

その後は長らく登場しておらず生死すら不明で、せいぜいカブトの忍術の一つとして顔が出てきた程度であるが、アニメでは第四次忍界大戦で大量に穢土転生された忍の一人として再登場(同時に、漫画本編では不明だった生死が、穢土転生されたことにより死亡していたと明らかになった)。
同じく転生された他の音の四人と一緒に、以前のサスケ奪還チームのメンバーを相手に戦いを仕掛ける。

あまり登場機会が多いとは言えない方のキャラクターではあるが根強い人気を持ち、現在でもイラストが投稿され続けている。

関連イラスト

多由也
多由也さん



関連タグ

NARUTO 音隠れ 音忍 大蛇丸 
音の五人衆 君麻呂 
NARUTOの登場キャラクター一覧 
奈良シカマル 敵女 くノ一

音の四人衆

右近(NARUTO)左近(NARUTO) 多由也  鬼童丸(NARUTO) 次郎坊 

関連・類似項目

関連記事

親記事

音の四人衆 おとのよにんしゅう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5228053

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました