ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

主にAcceedのビデオ作品で「奴隷少年」(という設定の俳優)を調教している。
『悶絶少年 其の弐』から登場する準レギュラーで、「悶絶シリーズで、少年を調教するのは何年ぶりでしょうか。」という発言の通り、この手の仕事ベテランである。

ベテランとは言うものの若干仕事に粗があり、(いくら拘束していたとはいえ)牢の鍵を閉めずにその場を離れたり、猿轡を着用させていたのを忘れて発言を強要したりする等、茶目っ気のある(?)ところもある。
虐待おじさんKBTITとの共演歴あり。(蓮さんとは『猥褻病棟24時seasonⅡ』、拓也さんとは『監禁72時間Ⅱ』など)

後述の語録とその端正なルックス、リアルで淫夢民と積極的に交流しているという特異な事情も相まって淫夢ファミリーの中ではかなりの人気を誇っている人物である。

中の人

源五郎は役名の一つであり、本来のゲイ名は直哉(なおや)。ただし、あまりに有名になりすぎてしまったせいか、現在公式HPでは“平野源五郎”の名前で掲載されている。
Acceedの提携ホスト店「An independence」の設立メンバーであり、出演作品で大物役が多いのは社内での立場を反映してのものと思われる。

非常に長身で、ドアや鴨居に頭がつかえているシーンがある。
公称では183cmであるが、ほぼ同身長の役者より明らかに高いため、実際は190cmほどではないかと推測される。逆サバを読んだ理由は定かではないが、高身長にコンプレックスがあるのかもしれない。

劇中ではどこか陰気ながらも大仰な喋り方(悪く言えば抑揚がなく棒読み気味)が印象的だが、素の彼は明るいオネエ
引退済みの者が多い淫夢ファミリーの中では珍しく、2020年現在も現役。モブ役なども含めると出演作は数えきれない。

淫夢民との交流

2017年4月に突如Twitterアカウントを開設。アカウント名は「平野源五郎(公式)」。あまりに直球な名義と、本来の源氏名とは違うものであることから、なりすましではないかと疑われたが、新規画像の投稿により本人だと確定した。

Twitterでは撮影の合間のオフショットと思われる写真に加え、プライベートではよくラーメンの画像を投稿することがある。
ラーメン好きなのかもしれない。
また、「~ですぞ」という語尾をよく用いる癖がある。

同年9月にはツイキャスも始めKBTIT虐待おじさんなど、自身が仕事で関わった淫夢ファミリーの消息について語る(ただし、淫夢ファミリーの消息については、個人情報に触れることもあり、本人が表に出たがっていない場合にはプライバシーに配慮して適当にはぐらかしている)など、淫夢民との交流が始まった。
また、ここでBB先輩劇場等の淫夢MADも視聴していることや、バトル淫夢がお気に入りであることを語り、自分たちがオモチャ扱いされていることに関しては、(落ち込むようなそぶりを見せつつも)笑って受け入れる寛大さに、多くの淫夢民が驚愕した。
時には、過去に自分の演じたキャラの演技を自ら率先して披露するという、ものすごいサービス精神も見せている。
よぉ、ホモの兄ちゃんには人間の鑑しかおらんのか?

さらには、淫夢ファミリーを元にした格闘ゲーム『THE_淫夢_OF_FIGHTERS』に自分の芸名を使うことを許諾。以前は「広野健五郎」名義だったキャラが晴れて「平野源五郎」になった。
それだけにとどまらず、遂にはそのキャラクターに自分の声まで収録。あまりに寛大な対応に、同ゲームの大会「平野店長いい人すぎる杯」が開催されるに至った。

近年の出演作(『卑猥旅館24時』等)においても、明らかに淫夢ネタを意識したと思われる台詞やネタを取り入れる等、ネット上の淫夢民に対するファンサービスと思われることをやっていたりする。
KBTITの事を「タクヤ」、虐待おじさんは「葛城」と呼んでおり、また野獣先輩の事は「野獣氏」と呼び敬意を払っている。

クッキー☆

2019年4月28日開催のニコニコ超会議自身が淫夢厨三人と同行したらしく、その際にネット上でのホモビの扱いに深く関わりのある東方合同企画ボイスドラマに出演したYMN姉貴まさかの邂逅を果たした。
淫夢とクッキー☆が初めて公式的(?)に交わった瞬間である。

語録


外部リンク

Twitter https://mobile.twitter.com/acceed_hirano

関連記事

親記事

ACCEED三銃士 あくしーどさんじゅうし

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「平野源五郎」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「平野源五郎」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 532855

コメント