ピクシブ百科事典

忍者ハヤブサ

にんじゃはやぶさ

忍者ハヤブサとは『手裏剣戦隊ニンニンジャー』に登場する敵怪人で、十六夜九衛門擁する「十六夜流忍者軍団」の1番手である。
目次[非表示]

「十六夜流が俺で終わりと思うな。伊賀崎の忍び共!」
CV:宮崎寛務

データ

身長:198cm(肥大蕃息時身長:47.5m)
体重:210kg(肥大蕃息時体重:504.0t)
好きな物:ジョギング
好きな場所:幼稚園
攻撃力:★★★★☆
不思議な技:★★★☆☆
ソアリング:★★★★★
集める恐れ:子供の恐れ

概要

九衛門が牙鬼家に伝わる「」忍者の絵巻物から「忍び招へいの術」を行使する事で現代に蘇った、牙鬼軍団第一の忍び。紺色の忍び装束に身を包んでおり、片足を伸ばして獲物を捕らえようとしている隼その物が頭部となっている鳥人の姿を持つ。

十六夜流忍者軍団の1番手でありながらその実力は高く、ニンニンジャーの大火炎の術を凌駕する威力の「火炎地獄の術」、無数の羽根を飛ばす「羽根手裏剣の術」、物体を自在に舞い踊らせて攻撃する「隼操りの術」、気流を操って猛スピードで急降下する「隼落としの術」等の多彩な十六夜流忍法の技を持つ。

九衛門によって何処かの丘で召喚させられると、有明の方の所望となる「子供の恐れ」を収集する命を受けて幼稚園児達を襲った。

尚、彼以降の十六夜流忍者達は皆牙鬼城にて召喚されている。

活躍

某所にある幼稚園を、大人が侵入出来ぬ様にと結界に包んで封鎖。そして少年が忘れた弁当を届けようとした天晴が幼稚園の異常事態に偶然気付いた所に姿を現し、
「十六夜流忍びが一人ハヤブサ 見参!」と名乗りを上げる。十六夜と聞いて天晴が「あの狐野郎の仲間か!?」と問うと、ハヤブサは答える。

「伊賀崎の忍びが陽の光ならば、十六夜流は影の闇より生まれた忍び。俺の忍法を破れるなら破ってみな!」

自分達が伊賀崎とは光と闇の両極に位置する存在であると主張すると同時に挑発し、ハヤブサは疾風の如く飛び去って行った。

その後、ニンニンジャー達はハヤブサの結界が大人を拒む事を受け、八雲の発案及び魔法で「玩具」に扮して園内に潜入。天晴以外の魔法が解けたニンニンジャーの侵入を察知したハヤブサは、ジュッカラゲを皮切りに彼等と交戦。
忍法「羽手裏剣」や配下のスッパラゲの召喚した上で、更に「お前等の伊賀崎流の忍法と十六夜流は似ているがその差は明らかだ」と言い放ち、ニンニンジャーの大火炎の術より強力な「火炎地獄の術」で苦戦させる。だが、彼の攻撃をモモニンジャースターニンジャーが引き受けている内に、「歌のお兄さんとお姉さん」に変装した風花の2人がニンニン体操を歌いながら園児達を幼稚園バスへと誘導、乗車させ、そのまま子供達が結界の外へと脱出するのを許してしまう。

だが、キニンジャーシロニンジャーが合流してスッパラゲ達が全滅させた所を見計らって「少し気付くのが遅かったな 伊賀崎の忍び」と前置き、自身の作戦の全貌を話す。
彼の本当の狙いは予め手裏剣を刺したバスを暴走させ、それに乗せた園児達から『恐れ』を集める事であり、結界を張ったのはニンニンジャー達を誘き寄せる為の陽動に過ぎなかったのだ。
まんまと敵に一杯食わされて臍を噛むニンニンジャー達に対し、ハヤブサは「伊賀崎流は滅びろ!」と叫ぶや「隼操りの術」で砂場にあった玩具を遠隔操作して攻撃するが、戦闘中にアオニンジャーに魔法を掛けられ、バスのアクセルに刺さっている暴走してる原因の手裏剣を外せば停止する事を白状してしまう。

一方暴走バスでは、玩具のまま少年の懐に入れられて同乗していたアカニンジャーが漸く元の姿に戻っていた。すると其処へドラゴマルに乗って戦線離脱して来たアオニンジャーが助言した為、アカニンジャーはバスを停止させる事に成功。だが、事も有ろうに安堵したアカニンジャーが背伸びをした途端、手裏剣が突き刺さって今度は自身が暴走、そのまま軽く地球を一周する事になる。

その頃、当のハヤブサはそんな事態など知る由も無く、4人のニンニンジャー達を引き続き攻撃、圧倒。「言っただろ!お前達の忍術は俺を超せないとな! 」と豪語し、余裕を見せ付けていたが、アオニンジャーのアシストで戦場に接近してくるアカニンジャーの気配を感じ取ったモモニンジャーの作戦で、彼女の「もくもくじゃー」の蔓攻撃に注意を反らされてる内に背後からアカニンジャーが急接近し、彼との激突の拍子に手裏剣が背後に刺さり、今度は自身が暴走する羽目となった。

自分を追跡し、順に追い抜きながら行われるニンニンジャーの名乗りに困惑させられ、そのまま進行方向に待ち構えていた彼らの斬撃を次々と喰らわせられると、止めに一番奥で待機して強化変身したアカニンジャー超絶の超絶手裏剣斬を受け、「追い越すどころか、俺に回り込むとは見事だ」と言い遺して敗北。

その直後、ニンニンジャーに対して「ここは一つ、伊賀崎の流派と僕の流派で忍びの覇権争いを始めようじゃないか。」と、忍者大戦の宣戦布告に現れた九衛門の肥大蕃息の術によってハヤブサは再生巨大化。
ライオンハオーキングシュリケンジンを「隼落としの術」による急降下攻撃で迎え撃つが、変形して浮上したライオンハオージョウの圧巻ぶりに戦慄した所で地上へと落とされてしまう。最期はそのままキング破天荒斬りとライオン超絶斬りを連続で受け、上記の台詞を言い遺して爆散した。


敗北後、九衛門は彼の爆発で飛んできた歯車の様な物体を回収して撤退した。

余談

モチーフは言うまでも無く
幼年誌では「スピード忍者」と呼称されていた。

声を演じた宮崎氏は今作がスーパー戦隊シリーズ初出演となる。

関連タグ

手裏剣戦隊ニンニンジャー 牙鬼軍団 十六夜流忍者軍団

マグダス:『星獣戦隊ギンガマン』に登場する敵怪人で、同じく任務の為に幼稚園児を襲った。

関連記事

親記事

十六夜流忍者軍団 いざよいりゅうにんじゃぐんだん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「忍者ハヤブサ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14

コメント