ピクシブ百科事典

愛子駅

あやしえき

JR東日本仙山線の駅。宮城県仙台市青葉区にあり、仙山線の終着駅の一つである。あいこえきではない。
目次[非表示]

愛子駅とは、JR東日本仙山線所属の駅である。あやしえきと読む。

概要

1929年開業。宮城県仙台市青葉区にある。旧仙山東線の終着駅であり、現在でも仙山線の仙台始発電車は大部分が当駅終着となっている。
Suica正式対応駅。また特定都区市内指定「仙台市内」該当駅の一つである。
駅構造は2面3線、南側にみどりの窓口を有する駅舎出入り口がある。駅舎が1番線に面しており、2番線・3番線があるホームには駅内踏切を通って渡る。キオスクなどの商店は撤退しており2017年4月現在存在しない。

駅舎周辺は住宅地が広がっている。また当駅より西に1km程の所に仙台高等専門学校広瀬キャンパス(旧・仙台電波工業高等専門学校)があり、朝夕は当校の学生の利用が非常に多い(仙山線は他にも名前通りに東北福祉大学ステーションキャンパスが隣接する東北福祉大前駅がある他、当駅の隣である陸前落合駅は近くに宮城広瀬高等学校があるため学生の利用が非常に多い路線である)。

東北の駅百選」選定駅。

駅構造

島式、単式の複合2面3線の地上駅。

のりば路線方向行き先備考
1仙山線下り作並山形方面
仙山線上り北仙台仙台方面当駅始発のみ
2・3仙山線上り北仙台・仙台方面

利用状況

  • 2019年(令和元年)度の1日平均乗車人員は4,269人である。


利用状況比較表

年度乗車人員乗降人員
2008年(平成20年)度3,441人6,882人
2009年(平成20年)度3,409人6,818人
2010年(平成20年)度3,409人6,818人
2011年(平成20年)度3,543人7,086人
2012年(平成20年)度3,657人7,314人
2013年(平成20年)度3,757人7,514人
2014年(平成20年)度3,742人7,484人
2015年(平成20年)度3,857人7,714人
2016年(平成20年)度3,950人7,900人
2017年(平成20年)度4,010人8,020人
2018年(平成20年)度4,184人8,368人
2019年(平成20年)度4,269人8,538人


余談

駅名は難読駅名としてよく知られる。2001年に敬宮愛子内親王が御誕生になった際、読みこそ違うものの当駅の名前が広く知られることになり、名前発表からの数日で、普段なら1日1~2枚程度しか売れない当駅の入場券が3万枚以上売れた他、山形県奥羽本線天童駅までの切符を字面合わせの記念品として買い求める客が続出したという。

関連タグ

小和田駅 - 静岡県の駅。当駅同様に皇室関連の名前合わせで有名になった。
JR東日本 宮城県 仙台市 宮城県内の駅一覧

関連記事

親記事

宮城県内の駅一覧 みやぎけんないのえきいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「愛子駅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24

コメント