ピクシブ百科事典

戦艦B

せんかんびー

『宇宙戦艦ヤマトⅢ』に登場するボラー連邦の主力艦艇の1隻。別名Bタイプとも呼ばれる。Aタイプと違い、ややズングリトした印象の強い艦で、艦底にはヤマトの大きさに匹敵する大型ミサイル1発を格納している。Aタイプ同様にヤラレメカとして定着している。
目次[非表示]

概要(ヤマトⅢ)

 『宇宙戦艦ヤマトⅢ』に登場するボラー連邦の主力艦艇の1隻。戦艦Aとは違い、その艦体はややズングリトした印象がある他、艦首先端も平らになっていたり、逆噴射口の様な部分も艦首下にある。さらに武装面にしても、収納式の連装砲塔になっており、使用時にはリトラクタブルヘッドライトのような感じで砲塔がせり上がって、中から円筒状の砲身が伸びてくる仕様である。ボラー艦の主砲は大抵板状のもので、砲身を持つこの仕様の砲は本艦以外だとデストロイヤー艦にしか確認できない割と珍しいタイプ。
 また戦艦Aとは違い、艦前部左右にも砲塔が備え付けられており、前方攻撃力が高いボラー連邦の艦艇にあって、珍しく側方に対する砲撃能力を有している。さらには、艦底部に大型ミサイルを1発格納しており、集団で使用すれば惑星を吹き飛ばすだけの威力がある。因みに大型ミサイルはヤマトに匹敵するのではなかというくらいの巨大さ。
 バース星系に初登場しているものの、コテンパンに撃沈されていることからヤラレメカの印象を植え付けられている不遇の艦である。が、物語の中盤以降ではその存在感を巻き返しており、バース星を粉々にしてしまう大型ミサイルを集団運用するなど、隠れた能力を見せつけた。

スペック(ヤマトⅢ)

戦艦B

  • 全長:不明
  • 全幅:不明
  • 兵装
    • 収納式連装砲塔×8基(前方向き2基、側方向き6基)
    • 大型ミサイル×1発
    • 対空火器×多数

性能

 攻撃性能において、正面砲撃力よりも側面砲撃能力に重点を置いた戦艦として設計されている模様。これは、固定式砲塔を採用したボラー連邦艦隊の側方への対処を考慮しているとも考えられる。また対惑星制圧等を想定したと思われる、艦底の大型ミサイルは恐るべき威力を有しており、かのガトランティス帝国のミサイル艦に匹敵する。
 防御性能において、戦艦A同様に大した装甲を有していない模様。設計思想からして、敵の砲撃から被弾に耐えられるような、曲線部を多用してはいるが意味はなしていない。ガルマン帝国の艦艇も同様の事が言えるので、当艦が特別に弱いと言う訳ではないので注意。
 航行性能において、特別に際立った運動性能は見られないが、バース星を破壊する際に、一斉に反転する動きが滑らかである事から、案外にも機動性はあるとも考えられる。

概要(ヤマト2205)

 「戦艦B型」の名称で登場する。
 デザインした明貴美加によると、戦艦A型とB型はボラーの戦艦各種の特徴をまとめ上げて2パターンに分けたものなので、B型と名がつくが実は戦艦Bのリメイクというわけではない。見た目的にはどちらかというと原作におけるゴルサコフ艦やハーキンス艦の特徴を強く引く継いでいると思われる。

 艦首付近のアンテナ状部品や中央下側のバルジなど、ゴルサコフ艦の方に近いデザインとなっている。
 格納式の兵装は星間物質の濃密な空間を航行する事が多いためと推測されている。

 A型と違って艦橋部に窓枠が無いが、ヤマトのファンクラブ会報誌に掲載された設定画だと窓らしき筋が確認できるので、単に3DCGで省略されているだけの可能性もある。
 余談だが、理由は不明ながら(データの軽量化のためだろうか)B型は設定画→CGの段階でそこそこの数のディテールが省略されているようで、特にCGだとのっぺりしている艦橋部分は設定画だともう少しディテールがある(ちなみにA型の方は設定画を完璧に再現している)。

スペック(ヤマト2205)

戦艦B型

  • 全長:300m
  • 兵装
    • ボラー砲×1
    • 補助光線砲×1
    • 隠顕式四連装陽電子砲×3
    • 対艦ミサイルランチャー×8
    • 隠顕式三連装小型陽電子砲×14
    • 隠顕式副砲×4
    • 隠顕式二連装空間機銃×6
    • 空間魚雷発射管×4
    • 対艦兵器群(ミサイルなど)×12


なお、2022年1月現在公式サイトに記載されているスペック表は内容が航宙母艦と全く同じになっているので、多分どちらかは誤記と思われる。

関連タグ

宇宙戦艦ヤマト ボラー連邦 宇宙戦艦

関連記事

親記事

ボラー連邦 ぼらーれんぽう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「戦艦B」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 805

コメント