ピクシブ百科事典

目次[非表示]

無明以始,無道以終。洪荒萬劫,戾禍始終。

概要

本名:幽明無明(ゆうめいむみょう)

霹靂布袋戲」の登場人物。
霹靂兵烽決之碧血玄黃」では敵対勢力の主要人物として活躍した。

無滅靈界(むめつれいかい)の主。天地主宰の分身である「元神」。
人類の文明や秩序が誤っていると思い、それらを壊し、「無限に自由な新世界」を目指す。

プロフィール

性別
初登場霹靂朝靈闕 第30章
退場霹靂兵烽決之碧血玄黃 第42章
根拠地無滅靈界
身分無滅靈界の主
家族妲姬(妻)、韶無非(長男)、幽明瞳朦(長女)、羽麟兒(次男)
部下地幻師、慕禋祀、風饕死角
友人解天籟
協力禁世淒狂、辰砂十二爵、血鯤鯩
その他天地主宰、初代邪君(元氣)、異天魔(元精)
武器末日神話


人物

武林を脅かす七大神秘の一つ・天地主宰の分身である「元神」。天地主宰の体は、「元精」「元氣」「元神」の三つで構成される。三つの分身は自我を持ち、それぞれ敵対する上、中原武林の各地で勢力を展開した。戾禍はその中で、無滅靈界の主として活動する。

「天地万物すべて平等」という思想の持主で、人類が築いた文明のせいで、あらゆる生き物に差別が生じたと思っている。そのため、人類の秩序を壊して、文明がある前の自然な世界「無限に自由な新世界」を目指す。

子供

戾禍は優生思想の考えも持ち合わせており、種族の改良に力を注いだ。異なる種族と交わることで、より優秀な命を作る目論見である。その子供たちは、戾禍がそれぞれ異なる種族と結合したことで、生み出された存在である。詳しくは以下の通り:

名前読み方結合した種族備考
韶無非しょうむひ猂族妻・妲姬との間の子
幽明瞳朦ゆうめいどうもう隳魔盡夜明韜の精元と結合して生まれた
羽麟兒うりんじ鱗族血鯤鯩の晶元と結合して生まれた

経歴

かつて五巔之戰(ごてんのせん)で、天地主宰は劍謫仙たちに敗北し、その際に体が三分された。戾禍が劍謫仙に封印され、以降は長年眠っていた。中原正道と猂族の戦いが一段落したところで、魂が韶無非の体を乗っ取って復活。無滅靈界を率いて、中原に脅威をもたらす。

墮天隳魔眾(だてんきましゅう)と昔から協力関係にあり、無滅靈界の再登場に呼応して、隳魔眾たちも中原で仏教の征伐を再開。二大勢力が協力する元、戾禍が災い「塵昏魔天羅(じんこんまてんら)」で魔性の霧を拡散し、靖玄島や滅度梵宇ら中原正道を追い詰めていく。

霹靂兵烽決之碧血玄黃」初期から、すでに「元氣」と「元神」の力を掌握している。「元氣」の能力「兵厄劍瘟」を駆使して、「霹靂天啟」時期に猛威を振るった太學主の武器・末日神話(まつじつしんわ)の怨念を呼び覚まし、自分の武器として扱う。

天地主宰

五巔之戰より前に、道門法宗の先代当主・解天籟を異天魔から助けたことがある。それをきっかけに、解天籟も戾禍と協力することになった。解天籟を「好友」と親しんで呼ぶが、解天籟からは相手にされなかった。

靖玄島と幾度もの攻防を繰り返す中、戾禍は「元精」の力も手に入れ、自身が天地主宰になる条件を揃えた。天地主宰に合体することは成功したが、解天籟の計略で、主導権が一度解天籟に渡される。だが解天籟の活躍もむなしく、一回目の天地主宰は靖玄島と交戦するところ、再び分離された。

負傷した戾禍は、娘の幽明瞳朦を犠牲に、二回目の天地主宰に合体する。戾禍が天地主宰の主導権を入手した時点で、中原の生き物たちを大量に洗脳して、大規模な災いをもたらす。

膨大な恨み

天地主宰となった戾禍は、靖玄島に総攻撃を行う。倦收天原無鄉月無缺の三人と最終決戦に挑み、戦死した。だがその恨みは凄まじく、怨念の塊「災異主・刑天」に変化する。

戾禍としての理性がなくなり、災異主は破壊の限りを尽くそうとしていた。それを阻止すべく、月無缺が天火と取引を行い、災異主に挑む。死闘の果てに、月無缺の玉砕が功を奏して、双方共々燃え尽きた。

関連タグ

霹靂布袋戲 霹靂兵烽決之碧血玄黃

韶無非

関連リンク

関連記事

親記事

霹靂布袋戲の登場人物 ぴりぷーたいしーのとうじょうじんぶつ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「戾禍」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11

コメント