ピクシブ百科事典

日本全国絵ハガキの旅

にほんぜんこくえはがきのたび

水曜どうでしょうの国内企画の一つ

北海道212市町村カントリーサインの旅」と「サイコロの旅」を合わせたような企画。「旅番組に欠かせない綺麗な風景、すなわち絵ハガキの写真を探し出し、同じ風景を撮影する。」というもの。
なおこの企画、FIFAワールドカップが開催されている年に偶然行われており、公式ホームページの「D陣のウラ話」では2006年に行うと掲載されたが、実際には行われていない。ただ2006年と2010年に新作は製作されている。

日本全国絵ハガキの旅

1998年12月9日~1999年1月6日放送、全3夜。

  1. 群馬県沼田市・上発知のしだれ桜
  2. 徳島県鳴門市・霊山寺(四国八十八箇所第1番札所)
  3. 石川県金沢市・長町の武家屋敷
  4. 愛媛県内子町の町並み

第1夜冒頭に映る画面奥のホワイトボード上には「アフリカ」という文字がある。本企画放送から15年後、本当にアフリカへ行く企画が放送されており、奇しくも予言のような形となった。

日本全国絵ハガキの旅2

2002年5月1日~29日放送、全3夜。

  1. 茨城県潮来市・十二橋を行く娘船頭さん
  2. 北海道札幌市・札幌時計台
  3. 宮崎県高千穂町・刈干切り
  4. 宮崎県綾町・照葉大吊橋

番組冒頭で札幌時計台の絵ハガキが入っていることが判明したため、一同は「これを引いたらその地点で旅を終了させる」と宣言。散々「時計台を引くな」と忠告されていたにも関わらずミスターのダメ人間っぷりが発揮されたため、2回目の抽選で引き当てて北海道へ戻ることになり、ミスター・大泉の両名は自宅へ一時帰宅。翌朝大泉は父親にすぐ帰宅した理由を説明したところ、「なんとかインチキできんのか」と言われた事を報告している。

コメント