ピクシブ百科事典

CV:江川央生

仁ダムさん


曹子孝、この身を盾とせん!!

『3』から参戦。普段は物静かだが、戦においては自らをとして勇猛果敢に戦う。
シリーズを通して重厚な鎧を纏っており、3・4・6エンパ以降の得意武器である牙壁(小振りの剣がついた盾と相まって「鉄壁の守護者」のイメージを見せつける。

『3』初参戦。衣装は以降のものに比べればまだ普通。
甄姫との絡みが多くムービーでもセットで出ている。
猛将伝の列伝は自身が活躍した南郡の戦いが描かれている。無双シリーズでの南郡は大体曹仁の扱いが悪いため、そう考えるとこのステージはレア。

『4』服装的にはまだ人間。
前作絡みがあった甄姫には曹丕が登場したため絡みが大幅減少。曹丕との絡みはちらっとある。

『5』ここから格好というか姿が重装備になりもはやロボットとも言うべき格好へ。更に戟レンジャーの一員に、その割にはレンジャー内で一人だけべらぼうに強い。敵として出てくると強敵でいちいちウザイ。
自身の列伝はなくムービーへの参加も少ない。
なお、『5』準拠の『真・三國無双MULTIRAID』では、覚醒時の外見が「元々の重装備の鎧に加え、顔部分がアーマーで覆われている、肩部分と足の甲にスパイク(トゲ)が付いている」という、更にロボットと化した状態になっている(呉軍にもロボット化した武将がいるが)。

『6』相変わらずの重装備。武器は鎖分銅で、EX攻撃は相手の力を奪い回復するという吸血鬼のような攻撃。
ストーリーモードでは使えない、蜀の新野の戦いや呉の南郡の戦いでは相変わらずやられ役と、なかなか今回も不遇。しかし、赤壁の戦い・後編では曹操の逃走に一躍買う。
猛将伝にて推奨ステージが登場。呉に敗れ撤退する曹丕を護衛するというもので、ラストのイベントムービーにて久しぶりの甄姫との絡みあり。
Empiresで牙壁復活が再び彼の手へ。

『7』またまた相変わらずの重装備。
ストーリーモードでは使えるようにはなったが、相変わらず出番が少ない。さらに蜀IFでは不遇すぎる扱いに…。頑張れ!仁ダム!

無双OROCHI2』では平清盛に洗脳され、一度は敵として登場するが、洗脳が解けた後は味方として仲間になる(『OROCHI2 Ultimate』では洗脳前のストーリーも描かれており、夏侯覇と共闘する場面が見られる)。
また、『OROCHI2』の陣地会話では、(正しくはではあるが)を武器にしている浅井長政と「最強の矛と盾」談義を繰り広げたり、出陣前に酒を嗜む郭嘉に苦言を呈したりしている(もっとも、「戦の後であれば良い」とのことである)が、特に龐徳とは「武人たる者でも、くつろぐことが必要ではないか」と悩み、「鼻歌でも歌えば、鎧を着けたままでもくつろげるのではないだろうか」という結論に達し、最終的には鼻歌で語り合える仲になっていたどういうことなの・・・

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「曹仁(真・三國無双)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12

コメント