ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

松田力

まつだりき

松田力は、大阪府大阪市出身のプロサッカー選手。ポジションはフォワード。(メイン画像右)

概要編集

1991年7月24日生まれ。双子の兄は同じくサッカー選手の松田陸

インドネシア人の父と日本人の母の間に生まれ、小学校1年でサッカーを始めた。立正大学淞南高校を経て、びわこ成蹊スポーツ大学へ進学。双子の兄の松田陸とともにチームを牽引し、3年時には関西学生サッカーリーグ1部で25得点を挙げ得点王に輝いた。

2013年5月、大分トリニータに特別指定選手として登録。同月22日のナビスコ杯グループリーグ第7節・サガン鳥栖戦で先発出場し、公式戦デビューを果たした。9月に大学のリーグ戦が始まる関係から8月末までが実質的な帯同期間となったが、リーグ戦では9試合に出場しチーム2位の4得点を記録した。これは特別指定選手の最多得点記録である。

複数クラブとの競合の末、2014年に名古屋グランパスへ入団。ちなみに名古屋は、前年大分に特別指定選手として登録されていた松田に2得点を献上している。

2015年8月にジェフユナイテッド千葉へ期限付き移籍。背番号の38は大分での特別指定選手時代にも着用していた番号である。千葉へ加入後、8試合で4得点という結果を残し、千葉が苦手とする夏の得点不足を松田が補った。以降は得点は無かったが、計15試合に出場した。

翌2016年、名古屋に復帰。同年2月に吉本興業とマネジメント契約を結ぶ。

2017年、J2・アビスパ福岡へ完全移籍。福岡へ加入後は主力として活躍。

2019シーズンはキャリアハイ、そしてチーム得点王となる8得点を記録したが、11月26日に契約満了による退団が発表された。

2020年1月6日、ヴァンフォーレ甲府へ移籍する事が発表された。

2021年シーズンより兄の松田陸が所属するセレッソ大阪へ移籍。背番号は22番、兄の陸は2番を付けている。

2022年1月6日、契約満了による退団が発表された。

2022年1月20日、愛媛FCへ加入することが発表された。

2023年、背番号を10番に変更。チームのエースとして活躍し、第25節終了時点で自身初のシーズン2桁得点を記録した。第35節FC今治との「伊予決戦」では体を張ったヘディングシュートで先制点を奪取。結果的にこれが決勝点となり、自身のゴールでJ3優勝とJ2昇格を決めた。また、同シーズンではキャリアハイを更新する13得点を記録し、J3ベストイレブンと最優秀選手賞を受賞した。

関連タグ編集

サッカー選手

関連記事

親記事

サッカー選手 さっかーせんしゅ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました