ピクシブ百科事典

機動警察パトレイバーREBOOT

きどうけいさつぱとれいばーりぶーと

機動警察パトレイバーREBOOTとは2016年に短編が製作された、パトレイバーシリーズの新作である。
目次[非表示]

機動警察パトレイバーREBOOTとは2016年に短編が製作されたパトレイバーシリーズの新作である

らくがき
再起動ネタ



注)「機動警察パトレイバー」はメディアミックス作品の為、作中での描写、設定資料全集、ムック、雑誌によって設定の相違点が非常に多い事にご注意下さい。

作品解説

2016年に日本アニメ(ーター)見本市の一作品として企画・制作されたリブート短編作品。旧来のTV~新OVAとの関係はおぼろげにしか語られないが、メカアクションを主軸に現代日本に近い世界観で描かれている。
機材は新造されたイングラムが主力の様である。(イングラム以上にイコンになりうる機体が存在しないこともある)

旧OVA~劇場1・2~TNGとはつながらない世界観。レイバーは日常的な重機としてその後も存続・普及しており、旧シリーズ全般のような頻繁なレイバー開発競争は沈静化しているようである。

その一方、「地球防衛軍」に代表される環境テロリストは健在である。(どこか愛すべき存在として描かれていた旧作とくらべ、傍若無人な迷惑さが目立つ描写となっている)


登場人物

注)日本アニメ(ーター)見本市の作品は全て、声優は「山寺宏一」「林原めぐみ」両氏が務めることになっており、そのため登場するキャラクター全てを2人で演じる形となっている。

(1号機搭乗員)

CV:山寺宏一

REBOOT!!

(画像右側の人物)
1号機フォワードの青年。普段は弱気で有るが、劣っているといわれ火が付くと、旧作の太田功ほどではないが憤怒の形相と化し銃を抜く。
「僕たちはロボットアニメの主人公じゃない、法令遵守、街と人々を守る警察官なんです」が決め言葉。

(1号機バックアップ)

CV:林原めぐみ

REBOOT!! 2

(画像右側の人物)
1号機バックアップの女性隊員。普段は消極的なフォワードの尻を叩く役割だが、火が付いたフォワードをなんとかおさえたり、腹黒い小隊長の企みに乗せられたるする苦労人。

(小隊長)

CV:林原めぐみ
現在の小隊長。現場においては往年の後藤喜一以上の腹黒さをみせる中年女性。旧作の太田の台詞である「現場に臨んでは臨機応変」を「嘗ての隊長」の発言として語るなど、古い時代の特車二課を知っているふしがある。

テロリスト

CV:山寺宏一
環境テロリスト「地球防衛軍」の一員。日暮里でレイバー・ブルドッグの不正改造型を操り家屋13軒を破壊する。粗野で支離滅裂だが、ニコニコ動画にテロの実況を流すなど妙なところで頭が回る頭でっかち。



登場メカ

イングラム

特車二課の主力機。OSの起動画面から20以上のバージョンアップを受けている事が解るほか、旧作のイングラムよりも直線的で細身になっており、内面はかつてのピースメーカー以上の徹底的な改良が加えられていると思われる。旧作で恒常的であった首の下から搭乗員が顔をだす事も見られない。(モニターの信頼性・性能向上のほか、搭乗員保護をかんがえれば当然である)
主人公機として登場するほかに2号機が登場する(外観に差異はない)。
かつての性能的アドバンテージは無い様に描かれている。

改造ブルドッグ

テロリストが作業用レイバーを改造したもの。足回りは全くの新造に近く(1号機バックアップが「どこの深夜アニメだよ」といった外観)下半身がフレームだけの軽装である。
フルチューンしてあるのか「土木用レイバーの動きではない」と評されており、運動性で1号機を圧倒するが、にらみ合いをしている間に2号機に組伏せられ、御用。

レイバーキャリア

旧作の99式と同じ外観をしているが、軌陸装置を備えJR線上を機関車牽引で走行する事が可能となっている。(実際にはJRの車輌限界である2.98mを大幅に上回る4mを超す車幅のため実際には走行は出来ない事はスタッフも解っているが、見栄え重視でやってみたとのこと)

その他、旧作でもすでに旧式扱いであったタイラント2000など既存のレイバーが継続して使用されているなど、レイバーの健在を表している。

関連作品


機動警察パトレイバー

関連イラスト

8月10日はパトの日! その2
REBOOT!! 3




関連タグ


イングラム(レイバー) 環境テロリスト
ニコニコ動画

この記事のカテゴリ

機動警察パトレイバー

pixivに投稿された作品 pixivで「機動警察パトレイバーREBOOT」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 156

コメント