ピクシブ百科事典

水間政憲

みずままさのり

水間政憲とは、日本の評論家・ジャーナリストであり、近現代史の研究家である。
目次[非表示]

概要

日本近現代史研究家で、評論家ジャーナリストでもある。

主に日本に関係する、第二次世界大戦前後の時代における近現代史の、GHQの占領下においてWGIP(ウォーギルトインフォメーションプログラム)により日本人に刷り込まれた捏造史観に集点を絞り、戦後におけるテレビ新聞報道された自虐史観に対する反証を、一次史料に基づいて調査研究している。

研究の成果として、日本の保守派オピニオン雑誌『正論』の平成18年(2006年)6月号において、論文「スクープ“遺棄化学兵器”は中国に引き渡されていた」を第1弾として発表し、以降第10弾まで寄稿された。
更に当時の戸井田徹衆議院議員らと連携し、国会において中国外務省の矛盾点を追求したこともある。

多くの書籍を出版しており、中でもPHP研究所から出版されている『ひと目でわかる』シリーズは、当時の時代(第二次世界大戦前後の時代)における実際の写真や、新聞記事の文面がそのまま載せられていて、詳しい解説文も添えられていて、非常に資料的価値が高いものとなっており、多くの愛国的とされる言論人から絶賛され、本シリーズを読んだことを機に歴史認識を改めた読者も多く、人気を博している。

東京裁判(極東国際軍事裁判)において、日本の全面無罪を訴えたインド代表判事であるラダ・ビノード・パール博士の正当な意見書をまとめ上げて書籍化した『パール博士述・真理の裁き・日本無罪論(現:パール判事の日本無罪論)』の著者である著述家の田中正明氏とは師弟関係であり、彼の主張を水間氏は引き継いでいる。

書籍

『ひと目でわかる』シリーズ

  • ひと目でわかる日韓・日中歴史の真実
  • ひと目でわかる「日韓併合」時代の真実
  • ひと目でわかる「日中戦争」時代の武士道精神
  • ひと目でわかる「アジア解放」時代の日本精神
  • ひと目でわかる「戦前日本」の真実1936-1945
  • ひと目でわかる「大正・昭和初期」の真実1923-1935
  • ひと目でわかる「慰安婦問題」の真実
  • ひと目でわかる「日の丸で歓迎されていた」日本軍
  • ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画」の真実


関連タグ

日本 日本人
研究者 評論家
ジャーナリスト
歴史 研究
第二次世界大戦

コメント