ピクシブ百科事典

浦部

うらべ

漫画・アニメ『アカギ~闇に降り立った天才~』に登場する敵キャラクター。

概要

声 - 風間杜夫、演 - 古田新太(Vシネマ)

アカギ~闇に降り立った天才~』に登場した、藤沢組の代打ち。反っ歯と先端が箒のようなオールバック、相手を舐め回すような目線が特徴の関西弁の中年男。
ニセアカギの対戦相手として登場し、最初は気弱で平凡な打ち筋を装い、ニセアカギ相手に下手に出るが、本性は狡猾で、彼より数段格上の打ち手。
基本的に相手の打ち筋を観察してから一気に攻勢に打って出るスタイルであり、相手の出方を探りながら逃げる猶予を残しておくなど、上記の狡猾さに加えて大胆さも持っている。
しかしアカギは「人間は危険が迫ると3つの行動に出る。そのまま突っ走るタイプ。迷わず引き返すタイプ。そして一旦立ち止まって様子を見る『保留する』タイプ」と一見大胆で豪気な打ち手を演じてる浦部を「麻雀でも保留するタイプ」と見抜き、そこを突いたアカギに信じられない大逆転負けを喫してしまう。

代償として藤沢組に両手を潰され、さらに負け分を全て借金として背負わされた浦部は、オサムと一緒に帰ろうとするアカギに「怪我が治ったらもう一度勝負しろ」と迫るがアカギは平然と「怪我が治ったらなんて言わずに今ここでやろうぜ。お前が勝ったら借金は全て俺が肩代わりしてやるよ。その代わり俺が勝ったらお前の両手首をこの場で切り落としてもらう」と返され、意気消沈してしまう。
アカギは「ほらな。それがお前の限界だ。怒りにすら損得勘定を絡めるような奴とは、もう勝負する価値はない」と一瞥し、悔し涙を流す浦部を尻目にその場を去るのだった。










































※以下の文章には浦部のその後及び『HERO』のネタバレ情報があります。

アカギに負け、藤沢組に見放されてから浦部は麻雀で全く勝てなくなってしまう。
日本に居場所が無くなり、なけなしの金をはたいて香港に渡航するが、やはり全く勝てずいよいよ後が無くなった浦部は当時「アジア最大のスラム街」と言われた九龍城へ。
そこでもロシアンルーレットに負け死亡、遺体は川に捨てられた…………が。

浦部は蘇った。

脳に埋まった弾丸に落雷が直撃し、奇跡的に蘇生したのだ。
それからは麻雀を始めあらゆるギャンブルで連戦連勝、湾が香港で浦を意味する事から大湾(ダーワン)を名乗り、マカオ最大のカジノグループ「湾グループ」を設立し、アカギへの復讐の機会を待っていた。
アカギ死去の報を聞いて一度は落胆するものの、復讐のターゲットを自分を追い出した日本(浦部が勝手に出て行っただけだが、浦部は見捨てられたと思っている)と、「アカギの遺志を継ぐ男」井川ひろゆきに変更。
HERO~アカギの遺志を継ぐ男~』でカジノ利権に絡む第2次麻雀東西決戦の終盤に登場し、ラスボスとしてひろゆきの前に立ちはだかる。

関連タグ

アカギ~闇に降り立った天才~
HERO~アカギの遺志を継ぐ男~

関連記事

親記事

アカギ~闇に降り立った天才~ あかぎやみにおりたったてんさい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「浦部」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 915

コメント