ピクシブ百科事典

秘密のレプタイルズ

ひみつのれぷたいるず

秘密のレプタイルズとは裏サンデーで連載している漫画である。
目次[非表示]

概要

鯨川リョウが裏サンデーで連載している漫画。
トカゲカエルなどを中心とした爬虫類両生類系の生き物などにスポットを当てた漫画。
作者の趣味でサソリなどの毒虫にも脚光が浴びられ、フクロウ等の猛禽類を取り上げたこともある。

あらすじ

仕事のストレスからペットショップにいったサラリーマンの海原入鹿は爬虫類好きの店員長良永にディープな爬虫類の世界に引きずり込まれていくことになる。

登場人物

海原入鹿

この作品の主人公で若干中二病を患っている普通のサラリーマン。25歳。
上司の無茶ぶりで疲れていたところ癒しを求めてペットショップに行ったところ長良にディープな爬虫類の世界に引きずり込まれることになる。
主人公のポジションに反しいなくてもストーリー進行に問題ないため、出番がないまましばらく放置されたり作中でその件を指摘されたりかっこよく決めたつもりが滑ってしょうもないオチになったりと扱いはかなり杜撰
購入した爬虫類にやや痛い名前を付けている。

長良永

この作品のヒロインでペットショップ『アニマーレ』の店員。普段はジト目にやる気のなさげな人物だが爬虫類のことになると早口になる残念美人、巨乳。
昔は普通に犬や猫、ハムスター等の小動物も好きだったらしいが、爬虫類に対する同級生の過剰な嫌悪や両親からの異常嗜好扱い、その矯正として訪れた『アニマーレ』でわざとらしく爬虫類を不気味がる他の客への反感で哺乳類全般をディスっている(後に海原からは「同じ穴の狢」と指摘されている。なお初対面の海原に対してもイメージの齟齬などではなく完全に個人の嗜好で堂々言い放つなど初期はペットショップ店員としてかなり問題があった。また海原が初心者以前の素人にも関わらず自治体への申請が必須の特定動物に当たるアミメニシキヘビを薦めるなど知識と熱意はあってもモラルはないような振る舞いもしていた)。
海原とは同じマンションに暮らしているご近所さん。ちなみにいつも来ている服は貰い物で前と後ろを逆にして着ている。

噛谷尖里

爬虫類部門の副チーフ。目薬と接着剤を間違えて半失明してしまった過去を持ち眼帯を付けている。実は男性だが諸事情から女性の姿をしている。静とは昔からの付き合い。
幼少期のとある一件を機に女装を始め本編のとある一件を機に女装をやめることになる。
常連客の頃から長良を妹分としてかわいがっている。

純白静

『アニマーレ』の爬虫類部門・接客担当のチーフ。27歳。 とっつきやすい人物だが男の話になるとある意味爬虫類のことを話す長良以上にとてもめんどくさくなる。長良が少女期からアニマーレで働いている。貧乳

凶塚射

『アニマーレ』の奇蟲担当スタッフ、バイト。性格はドS。不良っぽい外見をしている。
長良とは犬猿の仲。

十二時ヶ丘雲雲雲龍龍龍(たいと)

やたら難解な名前をした海原の同僚。表情筋がほとんど動かないため漫画の背景演出で感情を表現するが、極度のドルオタでそっちの話題になると気味悪がられる程一転してテンションを爆発させコロコロ表情を変える。同じく難解な名前をした妹がいる。

川々舛

海原の同僚の友人。関西弁でレズ。初対面の長良の胸を背後から直に揉んだ事がある。揉んだだけで女性の胸囲が分かる。(因みに長良は96のGとの事)
長良に対して割と本気で好意を抱いてる。ちなみに爬虫類がものすごくダメ。

余談

作者である鯨川リョウ氏自身も妻ともども様々な種類のペットを飼っている。

特に毒虫に関してはその気になればそれだけで5巻くらい作れるらしい。

鯨川氏の書いた18禁漫画とキャラクターが親戚同士などの繋がりがある。

関連記事

親記事

裏サンデー うらさんでー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「秘密のレプタイルズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1454

コメント