ピクシブ百科事典

胆振線

いぶりせん

国鉄が運営していた鉄道路線(地方交通線)。 1986年(昭和61年)11月1日に全線廃止となった。

概要

室蘭本線伊達紋別駅と、洞爺湖近くの壮瞥町、喜茂別町、京極町を経由して函館本線倶知安駅を結んだ路線。
歴史はかなり複雑で、軽便鉄道法によって敷設された京極以北と、私鉄を買収した京極以南に分かれる。

倶知安~京極~脇方間は1919年(大正8年)に「京極軽便線」として計画、1922年(大正11年)に「京極線」として開通した。脇方に存在した褐鉄鉱(酸化鉄、リモナイト)床の鉄山・倶知安鉱山からの鉱石輸送が建設目的である。

京極以南は私鉄の「胆振鉄道」が京極線を延長する形で1928年(昭和3年)に喜茂別(初代)まで建設した。1940年(昭和15年)には同じく私鉄の「胆振縦貫鉄道」によって伊達紋別 ~徳瞬瞥(とくしゅんべつ=後の新大滝)間が開業、翌年に胆振鉄道を合併し西喜茂別駅{当時、後の2代目喜茂別駅}まで延伸、両線をつなぎ、現在の胆振線の雛形ができた。
1944年(昭和19年)に戦時買収され、京極線と合わせて胆振線となり国鉄に編入されるが、その直前に昭和新山が噴火を開始。沿線一帯が隆起し始めたが、貴重な鉄鉱石の輸送路線の為休止させるわけにはいかず、保線作業員によって迂回線を引き直し続け、なんとか維持した。

その後、支線となっていた京極~脇方の支線については鉱山の閉山に伴い1970年(昭和45年)に廃止された。

残された伊達紋別~倶知安間についても、1980年(昭和55年)に国鉄再建法が成立すると、有珠山噴火による運休があった1977(昭和52)年度を含む1979(昭和54)年度までの3か年の輸送密度をもとに、第2次特定地方交通線に指定された。

そして、1986年(昭和61年)10月31日の旅客営業を以って全線廃止となり、道南バスのバス路線に転換された。

関連タグ

特定地方交通線 廃線

関連記事

親記事

特定地方交通線 とくていちほうこうつうせん

兄弟記事

コメント