ピクシブ百科事典

倉吉線

くらよしせん

かつて存在した国鉄の地方交通線
目次[非表示]

鳥取県倉吉市の山陰本線倉吉駅から東伯郡関金町(現在の倉吉市関金町)の山守駅までを結んでいた国鉄の地方交通線。国鉄再建法施行により、1981年に特定地方交通線第1次廃止対象線区として承認され、1985年4月1日に廃線となった。

路線データ

  • 営業キロ:20.0km
  • 駅数:9駅
  • 複線・電化区間:共になし
  • 閉塞方式:タブレット閉塞

運行形態

倉吉駅から山守駅まで全線通しで走る列車のほか、打吹駅、西倉吉駅、関金駅を発着する区間列車が設定されていた。ただし全線を通しで走る列車は全て気動車が使われた。というのも終点の山守駅と一つ手前の泰久寺駅では客車列車の折り返しに必要な機回し線が無かったためである。

1984年2月のダイヤ改正まで混合列車が残っていた。また、1980年時点で上下合わせて27本の列車のうち、表定速度が時速20km以下の列車が9本あり、「日本一の鈍足列車運転線区」とも評された。
1981年に小学館コロタン文庫から出版された鉄道No.1全百科で、最も表定速度の遅い普通列車として当線の列車が紹介されたこともある。この時紹介された424列車は西倉吉駅から倉吉駅までのわずか6.8kmを走り切るのに27分もかかっており、表定速度は15.1km/hとマラソンランナーよりも遅い。これは当路線のレールに細い30kgレールが使われており、軸重の重いDE10だとスピードを出せなかったためである。
なお廃線まで優等列車は設定されず、普通列車のみの設定だった。

使用車両

など

関連項目

国鉄
廃線
カレチ池田邦彦の漫画作品。第26話「ノリホ」で倉吉線と関金駅が登場している。

コメント