ピクシブ百科事典

名寄本線

なよろほんせん

名寄本線とは北海道に存在していた国鉄→JR北海道の路線
目次[非表示]

概要

名寄駅で宗谷本線から分岐し、遠軽駅で石北本線に接続する本線と、中湧別駅で本線から分岐し湧別駅に至る支線から成り立っていた路線。第2次特定地方交通線に指定され、1989年に廃止された。なお、特定地方交通線で唯一廃止された「本線」だった。

歴史

鉄道敷設法による「天塩国奈与呂(名寄)ヨリ北見国網走ニ至ル鉄道」の一部で、道央とオホーツク海沿岸地域を結ぶ幹線鉄道として建設がすすめられた。当初は湧別地方の軽便線(湧別軽便線)を延長する形で敷設されたが、これらを改良し、のちに「湧別線」と改称した。
その後、名寄と中湧別の双方から石北峠、北見峠を避ける形で建設が進められ、名寄方は「名寄西線」、中湧別方は「名寄東線」として建設され、1921年に全通、「名寄線」に改称された。その後渚滑線という支線ができたため、1923年に「名寄本線」と改称された。
1932年には北見峠を越え、「石北線(のちの石北本線)」が全通すると、湧別線は遠軽で分割され、遠軽~下湧別間は名寄本線に、遠軽~野付牛(現北見駅)間は石北線に編入された。それと同時に幹線の機能が石北線に渡り、名寄本線はローカル線となった。

そして1980年に国鉄再建法が制定されると、第2次特定地方交通線に指定されるが、冬季の代替輸送に問題があるとして天北線池北線(のちの北海道ちほく高原鉄道)・標津線と共に一時、廃止承認が保留されたが、結局1985年に問題が無くなったとして追加廃止承認された。
そしてJR北海道に継承された後に1989年5月1日に廃止された。

関連タグ

特定地方交通線 廃線

コメント