ピクシブ百科事典

舞姫

まいひめ

(1)舞を踊る女性のこと。 (2)森鴎外の著作。貧乏留学生と踊り子の恋の一部始終を描いた文学作品。
目次[非表示]

舞姫とは――

  1. 舞を舞う女性のこと。舞妓踊り子など。また、一部の神社では巫女の呼称として用いられる。神宮では「舞女」と書いて「まいひめ」と読む。
  2. 森鴎外の著作。
  3. アニメ『舞-hime』の誤表記。

森鴎外の『舞姫』

 1890年(明治23年)に発表された、森鴎外の初期の代表作。
 1884年から4年間ドイツ医学を学ぶために留学した時の体験を下敷きとする。
 主人公太田豊太郎の波乱の留学生活を、豊太郎の一人称視点で描いている。

あらすじ

 帰国の船の中、自室で官吏の太田豊太郎はドイツでの留学生活を思い返していた。
 下宿先の近い教会の前で、豊太郎はエリスという美少女に心を奪われ、涙する彼女の相談に乗り、彼女の父親のために病院や葬儀のための資金を工面してやることにした。
 しかし、彼を芳しく思わない同僚によって讒言を立てられ、仕事を失脚してしまう。
 その後、エリスとの同棲生活が始まり、豊太郎は新聞社の通信員として翻訳にいそしむ日々を送り、エリスはヰクトリア(ヴィクトリア)座の踊り子として舞台に立った。
 そんなある日、友人である相沢謙吉の取り計らいにより、復職のチャンスが巡ってくるが・・・。

論争を呼んだ顛末

この作品について、発表された同年に文芸評論家の石橋忍月が豊太郎の人間性を批評し、これに森鴎外が対抗するように彼を批評する著作を表し、二人の間に論争を呼んだ。
忍月が一方的に筆を絶ったことから、この論争の決着は付かずに終わっている。
この出来事は、近代文学における最初の文学論争とされている。

実際、読後の後味は決して良い作品とは言えない。
はっきり言って結末はバッドエンドであり、従来のように決して最後に救いを見い出そうとする作品ではないため、読み手によっては不快感を表す人もいるだろう。
しかし、等身大の人物たちの愛と欲望と葛藤に彩られた物語は、のちの文学の在り方に一つの指針を表しともいえるかもしれない。

関連イラスト

【お仕事】電子書籍 「舞姫」
文学を読もう! 「舞姫」


関連タグ

文学作品 森鴎外
恋愛 悲恋 ドイツ

サクラ大戦3…製作者が、本作を「舞姫」のオマージュと語っている。
闘神伝…踊り子の「エリス」というキャラが登場する。
マッグガーデン…「これがワタシたちの小説ベストセレクション70」で「舞姫」を「腐ィルター」の題材として取り上げていた。

伊豆の踊子 白鳥の湖 赤い靴…舞姫が出てくる作品
踊り子 舞妓 巫女 ダンサー バレリーナ 新体操 フィギュアスケーター スーツアクトレス

pixivに投稿された作品 pixivで「舞姫」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 89860

コメント