ピクシブ百科事典

藤堂高虎(戦国無双)

とうどうたかとら

ゲーム『戦国無双』シリーズのキャラクターである。
目次[非表示]

馬鹿野郎! 死んでどうなる!? 死ねば、ほんとのおしまいだ! 生きろよ! 生きなきゃいけないんだ!死んじまった者のために!

概要

CV:松風雅也 
武器:細剣
無双奥義・奥義皆伝の文字:『凍』『兇』

外伝作品『戦国無双chronicle 2nd』にプレイヤーキャラとして参戦し、後に『戦国無双4』にてナンバリングタイトルに参戦する。

史実の通り作中では何度も主君を変えており、一見冷たい現実主義者の様に見えるが、心の奥底には仕えるべき主君に忠義を尽くしたいという熱い思いを抱いている。
「生きて主君に尽くしてこそ武士」という持論を掲げており、大坂夏の陣では死してでも主君・主家への忠義と己の信念に殉じようとする真田幸村を必死に説得しようとした(上記の台詞はその時のものである)。

武器は「細剣」と記載されているが、どちらかと言うと直刀に近いデザインの剣を使用。
レイピアのように突きを主体とした攻撃が多く、チャージ攻撃では周囲に氷柱を発生させる。

容姿

逆立った黒髪に涼やかなキレ目の、全体的にシャープな印象を受ける顔立ちの青年。
衣装は銀色の具足の上に立襟の付いた陣羽織を着用し、さらにその上に長い襟巻きを巻いている。
最終的に徳川家に仕えたためか、衣装の色は全体的に青や白を基調としている。公式サイト等の情報から、幸村の新たなライバルキャラとしてデザインされたことが見受けられる。

また、そのデザインが同社のゲーム『采配のゆくえ』の細川忠興に似ているともいわれる。

人間関係

自分が一兵卒だった頃、身分に関係なく戦の褒賞として太刀と小判を授けてくれた浅井長政の事を深く敬愛している。

逆に、彼の死の一因を作った豊臣秀吉に対してはいい感情を持っておらず、合戦指南の時でも「長政様の仇…」と隙あらば秀吉を亡き者としようとまで考えていた。一方で、やむを得ず豊臣家に仕えていた際に主君であった彼の弟である豊臣秀長のことは敬愛している。

『4』では、本作から無双武将化し、同じく浅井家に仕えている大谷吉継とは友情を交わしていたが、時勢やそれぞれの信念により何時しかそれぞれ別の道を進むようになり、最終的に関ヶ原の戦いで敵味方に分かれ刀を交えることになる。

その他

個別イベントなどの選択肢で、彼に対して恋愛的な台詞を選ぶと「何を言ってる」と冷たくあしらう等、フラグクラッシャーに定評有り。(女性ユーザーが女主人公でプレイしていると余計そう感じる)

好物はまんじゅうだが、周囲には敢えて「まんじゅうは嫌い」だと広めている。
結果、相手からいたずらにまんじゅうを押し付けられて逆に得をするエピソードが作中何度か登場している。落語か!

首に巻いている物は一見マフラーに見えるが、実は手拭いである。
これは史実の藤堂高虎が200条ある家訓に手拭いのハウツー法を幾つか残していたことが由来と思われ、『chronicle 2nd』の個別イベントや『4』の「流浪演武」でも3尺手拭いの使い方を力説したり、予備をくれたりしてくる。

他作品での高虎

100万人の戦国無双

100万人の戦国無双・高虎


真の初登場はGREE制作のケータイ(or スマフォ)の100万人の戦国無双
ねねの紹介札の特殊レアA。工匠館が設置できる。
彼女を「ねね様」と呼ぶ。また、ねね獲得時の会話は主君を転々と変えた話になっている。

ポケモン+ノブナガの野望

素早く的確に行きますよ!


ポケナガ」ではモブショーでの登場。名前表記は「タカトラ」でベストリンクはヒトモシ系。
ユニークブショーとしてのイラストもあるが、ベストリンクであるランプラーシャンデラカンベエと被る

関連イラスト

藤堂高虎



関連タグ

戦国無双シリーズ
浅井長政 大谷吉継 徳川家康

藤堂高虎(史実)

pixivに投稿された作品 pixivで「藤堂高虎(戦国無双)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10235

コメント